「スーパーで買い物」なら最強のエコバッグ

多くは語りません。

この「Nanobag」は、とにかく軽くてコンパクトで丈夫。

もう、それだけ。

たった14グラム。

布の厚さは0.05ミリ。

それでいて、22.7kgまで耐えられる丈夫さを兼ね備えています。

大きさは60x38cmという十分さ。肩にかけることもできそうです。

生地には防水加工も。

折りたためば、デニムのポケットに入っちゃうくらい。手ぶらで買い物に行けます。

街中で使うには好みがわかれそうなシンプルデザイン。

でも、「ちょっとスーパーまで」くらいなら文句なし。

Licensed material used with permission by Tiptop Things Ltd.
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
〈Oregonian Camper(オレゴニアン・キャンパー)〉の「ジュートダストバッグ」です。エコ素材のジュートを使ったダストバッグは、キッチンのちょっ...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
ごめんなさい。これ、今は売ってないんです。3年ほど前に〈かまわぬ〉のみなとみらい店がオープンして、その時に限定で作った商品です。わたし、通勤用のカバンがあ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
自分は結構荷物が多いようですが、「Clipa2」の耐荷重はナント15kg。これなら安心です。
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。