これ知ってた?「米・スーパーマーケット」のエコバッグ

プラスチック製レジ袋の有料化まであと4ヶ月。事業規模に関係なくすべての小売店が対象です。

そんな世の流れに伴い、いま改めて注目度が高まっているのがエコバッグ。

「(大声では言えないけど)じつはまだ持っていない」「そろそろ新しいものに買い換えたい」

そんな人たちのために、“レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ”をエコバッグと定義して、9種類紹介していきます。

#02
THE GET GOのトートバッグ

THE GET GO TOTE
©2020 NEW STANDARD

Trader Joe'sやWhole Foods Marketなど、米・スーパーマーケットのエコバッグは日本でもよく見かけます。アメリカ土産の定番アイテムと言えるポピュラーな存在。

じゃあ、これは知ってた?

テキサス州マーファにあるスーパーマーケット「THE GET GO」のもの。砂漠の中に佇むPRADAの店舗を模したインスタレーションアート「PRADA MARFA」で脚光を浴び、今やアートの聖地と化しているあの町です。

THE GET GO TOTE
©2020 NEW STANDARD

言ってしまえば、なんてことはない普通のエコバッグ。

でも、何百店舗も展開するような巨大チェーンじゃなく、辺境地の小さなスーパーマーケットってところがイイじゃないですか。明るい青と赤のコンビネーションにビビっときた人も少なくないはず。

基本的には現地でしか買えませんが、たまに日本のセレクトショップが買い付けてくることも。現時点ではL'ECHOPPE 青山店に少しだけ在庫があります。3850円(税込)。

なんかいいじゃんと思った人は「THE GET GO」で画像検索してみて。店舗の佇まいもこれまたいい味出してる!

Top image: © 2020 NEW STANDARD
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
気分がアガる「THE CONRAN SHOP」のオリジナル メッシュ ショッピングバッグです。
「raregem(レアジェム)」のバッグの中でも特に人気を博しているグローサリーバッグ「イェッシリー」。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「MOUNTAIN RESEARCH」のLUNCH TOTE ON THE MOON。薄手のコットン素材を使用したランチトートバッグです。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、9種類紹介!
「fridge」のマルシェバッグは計6色。色選びが楽しい!
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
「JETMINMIN」の「FOLLOW-58」は、愛知県のテント屋さんからストックの供給を受けて制作したビニールテント素材のトートです。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
TEMBEAの定番商品、バゲットを入れるためのトートバッグ「バゲットトート」がかわいい。
「GLOBAL WORK」が、毎年大量に破棄されてしまっている残反(洋服を作る際に必ず出る余った生地)をリサイクルしたエコバッグの販売を開始。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。