これからのエコバッグは「抗菌」よりも「制菌」だ!

レジ袋有料化で毎日持ち歩くエコバッグ。いろんなものを入れて運ぶうちに、雑菌の温床になってしまうなんてことも......。

生鮮食料品から漏れた水分や冷凍食品ドリンク類の結露などを放置したままでいると、菌が増殖してしまう。洗えばいいって話ではあるが、なにぶんデイリーの必需品。

そこで紹介したいのが「制菌加工」されたエコバッグ。

©Makuake
©Makuake

「抗菌」でなく「制菌」。聞き慣れないこのワードからまずはご説明。

菌の増殖を抑える効果のある「抗菌」だが、そもそも菌数を減少させる効果はない。これに対し「制菌」は菌の増殖を抑えつつ、さらに時間の経過とともに菌数を減少させる効果。つまり“菌の数をそれ以上増やすことなく、徐々に菌を減らしていってくれる”というもの。

この制菌加工を施した生地を用いて裁断、プリント、縫製、仕上げまで、一貫して京都の縫製工場で職人の手で作り出されたのが「制菌バッグ」だ。

©Makuake

2Lのペットボトルがラクラク4本入る十分な容量がありながら、パッカブル仕様で内側のポケットへとコンパクトに収納可能。

そうそう、デフォルトでカラビナ付きというのもお気に入りポイント。手ぶらで出かけたいときなんかにベルトループに引っ掛けられるのは嬉しい。

「制菌エコバッグ」は、応援購入サービス「Makuake」で現在、All or Nothing方式(達成後支援型)でチャレンジ中。製品化への道のりは厳しくも、普段使いするからこそ、衛生面や持ち運びに気を配りたい。そう思う人たちの間で、徐々に注目度が増しつつある。

これからのエコバッグは、抗菌よりも「制菌」に注目だ!

『制菌エコバッグ』

【プロジェクトページ】https://www.makuake.com/project/wa-inc/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「東急ハンズ」から雨傘の端材を活用した「東急ハンズオリジナル エコバッグ」が登場。全国の東急ハンズ、ネットストアで販売中だ。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。