わたしは、これを知って「雨の日が好き」になりました。

 

3月がはじまりました。

今日は、全国的に「雨」が降ったところが多いみたいで。まだまだ寒く、せっかく新しい月になったというのに、と思う人もいるかもしれません。

でも「3月のはじめに雨が降る」って、じつはとても素敵なことだと思うんです。随筆『徒然草』でも語られるように、古来から日本の人々は、花や植物の芽吹きをうながす春の雨を、どこか高揚感をもって眺めてきたといいます。

寒気がすこしずつほぐれていく春先の、やわらかな雨。降る時期や、降りかたによってそれぞれに名前がつけられていること、知っていましたか?

「春の雨」の、名前を呼ぶとき。

 

春雨(しゅんう)

冬が明けて、心身ともに弾むころに降る雨のこと。まだ冬が明けたとは言えないくらいに寒い日々ですが、すこしずつ、日暮れの時間も遅くなっています。この春雨が降るのも、もうあと少し。

 

甘雨(かんう)

草木にやわらかく降る、けぶるような春の雨のこと。農作業のはじまりに降るこの雨は、穀物ばかりでなく野の草花にもそそぎ、その成長をたすけます。春の雨景色には、どこかゆったりとした「甘さ」があるということから、こんな名前がついたのだそう。

 

紅雨(こうう)

雨にはもちろん色がないけれど、ときに花粉や黄砂を含んで色味をつけ、かすかに紅色を帯びたような雨が降ることがあるのだとか。花々にやさしく降りそそぐ、春の雨景のこともこのように呼ぶんだって。

 

雪解雨(ゆきげあめ)

雪をとかす春の雨。北国でも、この雨が降れば春はもうすぐ。田畑を目覚めさせ、木々を芽吹かせ、花に色をつけ、人々によろこばれる「嬉しい雨」と言われています。

 

菜花雨(さいかう)

菜の花の頃に、花が咲くのを急き立てるように、しとしとと降りつづくあたたかい雨。この雨がやむ頃には、野には一面、黄色い花でいっぱいになるそう。

 

 

『雨の名前』著:高橋順子 写真:佐藤秀明(小学館)

“雨の日を3倍に楽しむ本”。世界中で最も「雨」の好きな人種、それは日本人。短歌をはじめ、俳句、小説、民謡、はては歌謡曲まで、雨をテーマにしたものは数え切れない。本書では、古来からの「雨の名前」を、詩と短文・写真で紹介。

持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
憂鬱になりがちな雨の日。傘を持ち歩くのは面倒だし、視界も悪いし濡れちゃうし…。でもちょっと目線を変えてみてください。そこには、雨の日にしか見られない世界が...
天気や湿度によって、ガラスの中の結晶が変化します。
気分が沈みがちな雨の日に、心だけでも“晴れ晴れ”とーー。コレは、そんな願いが込められた特別な傘「Colour Changing Umbrella」。一見す...
「SmartTerra」は、あなただけの“小さな庭”に、自然界の要素を足してくれるようです。もっと分かりやすく言えば、雨を降らせたり、雷を演出してくれたり...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
体重200キロを超すニシローランドゴリラの愛嬌たっぷり、お茶目な一面を捉えた動画が、世界中で“笑い”を呼んでいます。雨の中、悩みぬいた末にオスのゴリラがと...
家を出るときに雨が降っていたら、なんだか憂鬱になってしまうもの。傘をさす手間が増える、お気に入りの服が濡れる、何より心までどんより…。そうやって、いつしか...
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
夢の中に出てくる雨は、現実とは少し違う意味を持ちます。シチュエーションも含めて、詳しく解説していきましょう。雨の夢に秘められたメッセージとは・しとしと雨が...
蛇口をひねれば水が出ることに慣れてしまっている私たちは、その循環を体感することなんてそうそうない。というより、その必要もなくなってきていると言えるかも。で...
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...