雨の街シアトルはセカンドウェーブが好き【連載:とりあえず、コーヒー】

シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコーヒーと雨ばっかりです。雨が多いからこそ、コーヒーが必要不可欠なのかもしれません。

私は、雨の日に特にコーヒーが飲みたくなったり、いつもよりも美味しく感じる気がするんですが、あながち間違ってないのかな、と思います。

シアトルと
セカンドウェーブ

ここ数年、日本でもコーヒーが大変なブームで私も嬉しい限りなんですが、これはサードウェーブと呼ばれるコーヒーブームの「波」に日本が乗った形ですね。「サード」というくらいなので、当然ファーストとセカンドがあります。コーヒーブームの歴史をちょっとだけお話します。

ファーストウェーブは、大きく遡って1960年以前。それまでお店でしか飲むことができなかったコーヒーが大量生産されて安く手に入るようになり、お家で気軽に作れるインスタントコーヒーが大人気になりました。お味はというと...苦かったり酸っぱかったりで砂糖やミルクを入れて味の調整をしなきゃいけないという感じだったみたいです。でも、一気にコーヒーが身近な飲み物になった時代でもありました。

そして1960年代後半に入ると、量より質の時代になってきます。シアトルに本社を持つスターバックスが、良質の豆を使って気軽に本格的なコーヒーが飲める、というブームを作りました。それがセカンドウェーブです。皆さんご存知、ラテやカプチーノなどエスプレッソをベースとしたコーヒーが浸透したのも、このときでした。深煎りのエスプレッソを使ったドリンクは「シアトル系コーヒー」と呼ばれるようになります。

エスプレッソとミルクを使ったドリンクや、いまやスターバックスの定番ドリンク(むしろデザート?)となった「フラペチーノ」が出てきたことで、それまで苦くて酸っぱいコーヒーが苦手だった客層の心をガッチリ掴む結果となったのです。コーヒーの世界へのドアがみんなに開いたという感じです。

その後、みなさんも最近よく目にするおしゃれなカフェで厳選されたスペシャルティコーヒー豆を一杯ずつ丁寧に淹れてもらって、コーヒー豆本来の味を味わおう、というサードウェーブが訪れます。

雨の街の
コーヒー事情って?

そんなサードウェーブ真っ盛りの現在ですが、シアトルでは未だにセカンドウェーブの余韻がたくさん残っているような気がします。というよりは、むしろシアトルの人はセカンドウェーブが好きなのではないかなと思います。もしかしたら「シアトル系コーヒー」を確立した、という誇りからきているのかもしれません。

サードウェーブの主流である浅煎りのコーヒーは、爽やかな晴れた日にぴったりな気がしますが、どんより雲が立ち込め雨がしとしと降り続くシアトルでは、深煎りで熱々のコーヒーがやっぱり合うんです。

雨、雨と言いまくっていますが、さすがに一年中雨というわけではありません。涼しくて太陽がキラキラするシアトルの夏はアイスコーヒーがぴったり。そして、陽が沈むのは夜10時頃というプチ白夜の世界。シアトルの夏は短いですが、街の人たちが1年で1番ハッピーになれる2ヶ月なのです。

夏が終わると秋をものすごいスピードで早回しして、あっという間に冬になってしまいます。毎日雨です。大げさではありません。しかも10月から5月くらいまで続きます。

朝は10時くらいまで暗く、夕方4時ごろには真っ暗になってしまいます。完全に暗黒面です。太陽が出てないので、なんだかいつも眠たいですし、気分もどんよりしがち。こんな風に冬は日照時間がとてつもなく短いので、シアトルの人は生きるためにコーヒーが必要なのかもしれません。

エスプレッソマシーンが
お客さんに背を向けている理由

最後に、トリビアをひとつ。シアトル系カフェの特徴は、エスプレッソマシーンの背がお客さんに向いていることです。こうすることで、バリスタがお客さんのほうを向いて、おしゃべりしながらエスプレッソを淹れることができるのです。

イタリア系のカフェでは、バリスタがエスプレッソを抽出している手元を見せるためにエスプレッソマシーンの内側をお客さんに見せるので、背を向ける形になります。シアトル系カフェでの「コーヒー+コミュニケーション」というのも、私が好きなところです。

セカンドウェーブとサードウェーブをいいとこ取りして「コーヒーで有名な街」という地位をキープし続ける、シアトル。それはもう切っても切れない関係なんだなと思います。日差しが差し込むオープンカフェで飲むコーヒーも最高ですが、シアトルのどんよりした灰色の空の下、ミストのような雨が降るのを眺めながら熱々のコーヒーを飲むのも、なかなか趣きがあって素敵なんですよ。 

前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
この4種類をデスクに常備しています。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...