妄想大炸裂!コーヒー漬けの、とある1日

世界中で愛されているコーヒー。ドリップやラテ、カプチーノなどのポピュラーなものから、「え? そんなの入れちゃう?」というものまでバラエティ豊かなドリンクですよね。

今回はその時々の気分次第でどんなコーヒーを飲みたいか、1日の流れに沿って考えてみました。カフェイン致死量ギリギリライン(おおげさ)で、妄想炸裂のコーヒーワールドにダイブしたいと思います!

妄想膨らむ……
この時間、こんな気分なら
あのコーヒー。

5780488069316608

🕗8:00
起き抜けには
<ドリップコーヒー>

朝はやっぱりブラックから。朝起きて、お湯を沸かしている間に豆を挽き、ドリッパーの準備をすることで目が覚めてきます。ゆっくりドリップコーヒーをつくり、それをブラックで飲むことが、1日のはじまりの合図。

🕘9:00
仕事開始モードには
<カフェオレ>

わたし、午前中に1杯目を飲み終わったら、矢継ぎ早に2、3、4杯目とおかわりするタイプ。完全にコーヒーに目を覚ましてもらっている感じですね。1杯目のブラックで少し目が覚めたら、次はそこに温めたミルクを入れて優しいカフェオレにします。カフェオレでホッとしながら、メールチェックをはじめます。

🕙10:00
入れる順番が大事な
<ロングブラック>

起きて2時間経つと、次第に濃いめのコーヒーが飲みたくなります(中毒と呼ばないで!)。ドリップとは気分を変えたいので、次はロングブラックです。実はお湯とエスプレッソでできているという点では、アメリカーノとまった同じなのですが、入れる順番が違うんです。ロングブラックはカップにお湯を入れて、そこにエスプレッソを注ぎます。アメリカーノはエスプレッソが先。入れる順番で味も変わってくるから不思議ですよね。

6389273913720832

🕚11:00
小腹が空いてきたから
<カフェラテ>

お昼も近づき小腹が空いてきたら、ミルク系でやり過ごします。エスプレッソをつくっている間に、スチームミルクをつくります。できあがったらエスプレッソに注ぎましょう。いつかはバリスタさんのように綺麗なラテアートをつくりたいなぁ……。さて、原稿執筆にとりかかりますか!

🕛12:00
昼食に合わせて
<アイスコーヒー>

待ちに待ったお昼ごはん。食事と一緒に飲むなら、味が主張しすぎず、お茶感覚で飲めるアイスコーヒーを選びます。いつも思うんですが、コーヒーってパスタなどの洋食には合うけど、お米とは合わないですよね。先入観かな?(お米に合うおすすめコーヒーがあったら教えて!)だから、お米や日本食を食べるときは、やっぱりお茶で。

🕐13:00
午後のがんばりには
<マキアート>

4954265747456000

昼食後はお腹いっぱいだけど、コーヒーを飲んでスッキリしたい。でもさっきブラックのアイスコーヒーを飲んだし……。だからと言って、まだ甘いものの気分じゃない。こんなときは、マキアートの登場です!エスプレッソのショットにちょこっとフォームされたミルクを乗せるので、クイックチャージという感じ。午後のお仕事もがんばります。

🕑14:00
強めのカフェインで喝!
<レッドアイ>

1日で人間のエネルギーが1番低くなる時間は「14:16」だと、どこかの研究結果で読んだことがあります。たしかにお昼に食べたものが消化されつつあって、ぼんやりしてくるころ。このあたりでちょっと強めのカフェインを投入!エスプレッソショット1杯+ブラックコーヒーの「レッドアイ」は、わたしにとって眠気覚ましドリンクです。

🕒15:00
わたしのおやつは
<アフォガード>

3時と言えば、おやつの時間。ちょっと休憩も兼ねてアフォガードをゆっくり飲む.……というより食べます。バニラアイスに熱々のエスプレッソショットをかけて食べるのがアフォガード。甘さと苦さの絶妙なハーモニーを奏でます。わたしの大好きなデザートです。

🕓16:00
おやつは2つ食べる派なら
<マロッキーノ>

甘いものを飲みたい気分が止まらないけど、さっきアフォガードを食べた(飲んだ)から、次はマロッキーノ。イタリアでよく飲まれているドリンクです。エスプレッソにチョコレートシロップ、そこにフォームミルクを注いで、最後にココアパウダーをひと振り。ふわふわしていて、甘みと苦味が絶妙なNo.2のデザートです。

5048633695141888

🕔17:00
仕事終わりにほっとひと息
<アメリカーノ>

15時以降は少しずつコーヒーの量も減ります。仕事も終わり、アメリカーノでほっとひと息。日本でいう「アメリカン」は普通のドリップコーヒーにお湯を混ぜているので水っぽいですが、「アメリカーノ」は香ばしいエスプレッソにお湯が注がれています。

🕗20:00
ディナーのシメには
<カプチーノ>

お友達と食事をした後のシメには、重すぎず軽すぎず濃すぎず、ちょうどいいカプチーノ。エスプレッソに量多めのふんわりしたフォームのミルクを。優しい味は夜にぴったりです。これで今日最後のコーヒーだって毎回思うのに、夜遅くなっても飲み続けてしまうんです。

🕘21:00
夜遊びのお供
<アイリッシュコーヒー>

5434570228891648

友達と話が止まらず、バーへ移動。もっと話したいことがあるのに眠たくなってきてしまう21時。お酒を飲んだらもっと眠くなってしまうかも?こんな時はアイリッシュコーヒー をチョイス。ウィスキーにブラックコーヒー、上にはホイップクリーム。デザートであり、コーヒーであり、お酒であり。すべてが一気に味わえるお得感がたまりません。

🕑26:00
夜中に目覚めてしまったら
<カフェ・ボンボン>

急に目が覚めてしまった夜中の2時。温かいコーヒーをクイっと飲んで、またベッドに戻りたい。でもこんな夜中に……と思いつつも飲んじゃいます。エスプレッソに温めたコンデンスミルクを入れるスペインのドリンク「カフェ・ボンボン」をつくります。甘いコーヒー牛乳のような味でリラックス。体も温まって、もう一度眠りへ。

コーヒー妄想って、楽しい……

あ〜楽しい。1日でこれだけ飲めたら最高なんですけど、たぶんこれはさすがに飲みすぎ。でも気分次第で、これだけ選べるなんて、コーヒーって本当に種類が豊富で魅力的ですよね。

あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。