もはやデザート!?チョコちょい足しの「アボカドアイスコーヒー」

ベトナムコーヒーといえば、練乳入りのあのドン甘コーヒー。実はそれ以外にも、ベトナムには「アボカドコーヒー」たるものがあるのです……。なんだソレは?!

どうやらベトナムのカフェでは普通に売っている模様。気になる材料はアボカド、コーヒー、砂糖類。まんまですね。コーヒーとありますが、どちらかといえばスムージーのほうが近いです。

Food52」のPat Tanumihardjaさんが提案するのは、甘さ控えめの乳製品抜きバージョン。読んでいるだけでも甘ったるい。でも、コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチする、なんてことも……。これは試してみるしかないですよ!

食後の一杯とデザートを合体!
「アボカドアイスコーヒー」

5855668519043072

人によるかもしれないけれど、このデザートドリンクは誰もが欲しがる“すべて”が備わっている、と私は思っています。つまりアボカドから「3 in 1インスタントコーヒー(コーヒー&砂糖&ミルクの全部入り)」、練乳、チョコレートシロップやシュガーシロップまで。

私が提案する乳製品抜きバージョンでは、精製された砂糖は少なめ、ココナッツミルクにココナッツウォーターを組み合わせてつくりました。

材料:2人分

ココナッツシュガーもしくはブラウンシュガー:適量

濃いめのコーヒー:1/2カップ

ココナッツミルク:1/2カップ(私はChaokohというブランドが好き)

ココナッツウォーター:1/2カップ

チョコレートシロップ:適量

熟成アボカド(半分に切り、種をくり抜く):中サイズ1個

作り方
下準備:10分 調理:1分

【1】コーヒーが温かいうちに砂糖を入れて、冷ます。

【2】注ぎ口がついた大きめの容器(私は3カップ分の軽量カップを使用)にココナッツミルク、ココナッツウォーター、コーヒーを入れる。味を見て、お好みでコーヒー、もしくは砂糖を足して調整。

【3】背の高いグラスの内側をチョコレートシロップでコーティングしたら、ティースプーンを使ってアボカドをすくい、グラスに落とす。

【4】さきほどのココナッツコーヒーを2つのグラスに均等に注ぐ。氷を浮かべて、お好みでチョコレートシロップを垂らす。そこに長いスプーンとストローを差したらできあがり。

Licensed material used with permission by Food52
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
従来のものより、30%も脂肪をカットしたというのがこのアボカド。『Eurobanan』によると、脂肪がカットされているものの、その他の栄養素については変わ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
見ての通り、ドリンクディスペンサー型になっているところがイイ! カウンターやテーブル横にセットしておけば、ドリンクバーよろしく、いつでもアイスコーヒーが楽...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
アボカドだけでは濃厚なまま、そこにヨーグルトを加えることで、もったりからなめらかな口当たりに。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...