わりと高価……だけど、紹介したい「アボカドを育てるキット」

レストランにジュース、最近ではホテルまで登場しているアボカド。日本のみならず世界的にブームのようだが、海外のWEBサイトを徘徊していて、こんなモノを発見。

「Avocado Vase®」は、ロンドンのILEX STUDIOが販売しているアボカドの栽培キットだ。

見ての通り、アボカドを食材としてではなく、植栽として、インテリアとして捉えたコチラの商品。砂時計のような形の花瓶にアボカドの種を入れれば、茎や葉の成長だけではなく普段土の中に隠れていて見えない根っこの成長まで見ることができる。ひとつ35ポンドで日本からもシッピング料金を払えば取り寄せ可能だ!

と思ったけど、ちょっと待て。

これって自分で作れるのでは?と思って、「アボカド 育て方」と検索してみたら、出てくる出てくる。アボカドの種を水に浮かせたり、土に植えたりして、DIYで発芽させてる人って日本でも多いみたい。

つまりは、この専用のガラスのボトルが35ポンドってことか。となると、ちょい高いような……ただ、こういうちょうどいいサイズの洒落た瓶って探してみると、なかなかないんだよな〜。

というわけで、興味がある人はチェックしてみて。

『ILEX STUDIO』

【WEB】https://ilexstudio.com/

Top image: © ILEX STUDIO LONDON
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ロンドン発のアボカドレストラン「Avobar」。アボカドを想起させるグリーンを基調にした店内では、アボカドづくしのメニューが用意されています。まだ見ぬアボ...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
アボカドだけでは濃厚なまま、そこにヨーグルトを加えることで、もったりからなめらかな口当たりに。
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
従来のものより、30%も脂肪をカットしたというのがこのアボカド。『Eurobanan』によると、脂肪がカットされているものの、その他の栄養素については変わ...
いま、健康に意識の高いニューヨーカーたちの間で、大ヒットとなっている商品があります。それがこの、サー・ケンジントンの「アボカドマヨネーズ」。そう聞いて「ア...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
健康食材としてのアボカドの認知度は、今や疑いようのないもの。ところが、本当に栄養があるのは、なんと果肉よりも種なんだとか。ライターAlanna Ketle...
森のバターことアボカドを使った商品は、いまでも多くの飲食店の稼ぎ頭。中でもハンバーガーショップでの貢献度の高さはピカイチでしょう。そう聞いて、いまあなたの...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
今アメリカではフェイクアボカドが注目されているようだ。