2018年、人類とアボカドの新たな出会い。

そもそも、なんで“森のバター”という呼び名が付いたかって、アボカドの栄養価の高さから。これまであらゆる食べ方が紹介されてきましたが、むしろこの方法がもっともバターのそれに近いのかも。

これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメリカの“アボカド愛”に新たな波が。

2018年、アボカドの新常識

新しい年が始まったけど、アボカドへの愛はまったく“新しい”モノではありません。なぜならアボカドトーストのいろんな食べ方が世間を賑わせたのもずいぶん昔の話。

おやつ感覚?暑い日に涼めるフードとして?もっと言えば贅沢なバースデーケーキにだって。人々がアボカドに抱く「愛」ときたら、永久不滅なんですから。

そして今年も。Test KitchenのディレクターJosh Cohenが、新たな食べ方を思いついたそう。どんなシーンにも万能なアボカドにまた新たなレシピができたことなんて、もはや誰も驚かないでしょう。あるいは…「どんなレシピでもよろこんで」かも?

アボカドムースよ、こんにちは。

5527198043734016
Photo byBobbi Lin

ひょっとしたらこんなムースを思い浮かべているかもしれないので、まずは説明させてください。

ここに紹介するのは、ライム、塩、そしてほんのちょっぴりの赤唐辛子をアクセントに使った、ベルベッド状のアボカドパーティ

まるで雲のようにライトで、バランスも良いので、アボカド好きにとっては夢のようなレシピ。これについてJoshは「口当たりはクリーミーでスムーズ。そして贅沢」と表現。

「このムースに何かを付け足したくなる気持ちもわかります。いわゆるチョリソ、あるいはハラペーニョ。けれど、何も付け足さないシンプルなレシピが一番サッパリしていて、満足感も得られる気がするんですよね」

例えるならば、サンドイッチの吸湿度をアップさせるマヨネーズの代用品として使うのもアリ。エンパナーダをディップするのも◎。ワンランク上のオードブルのトッピングにもぴったり(ミニ・クラブ・ケーキとかね)。さらにはワカモレを作るのが面倒なときも、このムースさえあれば問題なし。

もちろんサラダや卵の上に、冷静パスタのトッピンクとして、それからポキ丼と合わせるという手も。むしろアボカドはムース状にすれば、タコス・ブリトー・トスターダ・ナチョスなどに乗せたときにずり落ちないから、むしろ好都合ですよね。

「つまり、アボカドムースはいろんな用途に使えちゃうツワモノなんです。クルディテやグリルドチーズをディップして。炙ったお魚の上にドボンと乗せて。グリルしたお肉の薬味として。正確に言うと、ワカモレには食べ物をディップすることはありませんが、この『アボカドムース』ならそれだって可能なんです」

とにかく、どんなシーンでも誰もが喜ぶアボカドムースは、2018年大注目の予感!

Written byHana Asbrink
Licensed material used with permission byFood52
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
従来のものより、30%も脂肪をカットしたというのがこのアボカド。『Eurobanan』によると、脂肪がカットされているものの、その他の栄養素については変わ...
森のバターことアボカドを使った商品は、いまでも多くの飲食店の稼ぎ頭。中でもハンバーガーショップでの貢献度の高さはピカイチでしょう。そう聞いて、いまあなたの...
健康食材としてのアボカドの認知度は、今や疑いようのないもの。ところが、本当に栄養があるのは、なんと果肉よりも種なんだとか。ライターAlanna Ketle...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
柔らかくてクリーミーなアボカドを今スグ食べたい!そんなときに使える裏ワザを「Purewow」から紹介。・ベーキングシート。・アルミホイル。・固いアボカド。...
いま、健康に意識の高いニューヨーカーたちの間で、大ヒットとなっている商品があります。それがこの、サー・ケンジントンの「アボカドマヨネーズ」。そう聞いて「ア...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
栄養価の高い人気者として、完全に市民権を得た“森のバター”ことアボカド。「FOODMATTERS」には、すでに広く知られているものから「そうだったの!?」...
アボカドだけでは濃厚なまま、そこにヨーグルトを加えることで、もったりからなめらかな口当たりに。
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
アボカドの美容・健康効果は誰もが認めるところ。アレンジ次第で、いくらでもオリジナルレシピができてしまいます。「WonderHowTo」でライターBrady...
生のままでも十分美味しいアボカド。でも、火を通すことでトロトロの食感が引き立つんですよね。ピザや天ぷら、さらに熱々クリーミーなアボカドを楽しむには、なんと...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
アボカドって、生のまま食べる人が多いと思うけど、フライにすると外側はカリッ、中はトロトロという食感が最高に楽しい料理になるんですよ。食感の違いを楽しむ。お...