まだ、日本人が知らないメキシカンソース

ホームパーティーでメキシコ料理にチャレンジ。タコス用のシーズニングからハードなシェルでもトルティーヤでも、ほぼなんでも手に入ります。もちろん、サルサなどディップソースだって。

けれど、せっかくのホムパですから、どこかでオリジナリティを発揮したい。そんな人にチェックして欲しいのが、「Food52」で紹介されたbutterandthymeさんのこの料理。

ワカモレ?サルサ?いいえ、両方のいいとこ取りです。あとはナチョスのご用意を!

ビールが止まらない!
ロースト野菜の「サルサヴェルデ」

6531216039739392
©Bobbi Lin

材料:3〜4人分

トマティーヨ(皮を剥き半分に切る):680g
ハラペーニョ(へたを切り半分にスライス、種をくり抜く):大サイズ4つ
セラーノ(へたを切り半分にスライス、種をくり抜く):大サイズ4つ
タマネギ(8等分に刻む):中サイズ1個
にんにく:3片
エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル:大さじ2
クミンパウダー:大さじ1
ライム果汁:2個分
塩:小さじ1/4
アボカド(半分にスライス):大サイズ2個
パクチー(茎を切り落とす):1カップ

※トマティーヨとは、ナス科の植物で、ゴルフボール大の食用ほおずき。日本では瓶詰めや缶入りのものが手に入りやすい。

作り方

【1】オーブンをあらかじめ260℃に温めておき、天板にアルミホイルを敷く。

【2】皮をむき半分にカットしたトマティーヨ、種を取り出したハラペーニョ(なければ唐辛子で代用)、にんにく、、玉ねぎを天板に乗せて、オリーブオイルをかける。手袋をはめて、満遍なくオリーブオイルがいきわたるようにからめる。

【3】15〜20分間オーブンに入れ、5分ごとに確認する。野菜がキャラメリゼされて、若干焦げ目がつくくらいが目安。オーブンから外して、5〜10分寝かせる。

【4】へらを使い天板に乗った野菜をフードプロセッサーに入れる。天板に溜まった汁も、最後の一滴まで入れること(この汁がミソ)。

【5】クミンパウダー、ライム果汁、塩を投入。すべてがよく混ざるまでフードプロセッサーにかける。

【6】アボカドとパクチーを入れて、好みの質感になるまで、さらに混ぜる。アボカドの小さな塊が残るくらいが私のお気に入りです。

 

【Food52編集者レビュー】

レシピの提案者butterandthymeは、ベイエリア出身の女の子。でも地元にいるよりも、おいしい食べものやワイン、それから最高の仲間が集う食卓にいるほうが居心地よく感じるんだそう。

往々にして「なんで思いつかなかったんだろう」と思うのが最高の発明品。このハイブリッドなレシピがまさにそれ。サルサであり、ワカモレであるという斬新さに、思わずこの言葉が出てきました。ぜひ自分の舌で試してみて。

Written bybutterandthyme
Top image: © Bobbi Lin
Licensed material used with permission by Food52
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
爽快感あるトマトベースの定番サルサもいいけれど、オトナ向けの甘じょっぱいバルサミコ酢漬けのレーズンソースもクセになります!
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
ポイントさえ押さえておけば、キレイな円型トルティーヤに。味はもちろん、見た目にもこだわる人は要チェックです。
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ポイントは、豚バラ肉をりんごジュースベースの液に浸して一晩寝かすこと!
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
タコスの具材にルールはありません。どんなものでも皮にくるんで楽しめるわけですが、健康志向の強いアメリカでは、こんなグルテンフリーなスタイルもアリなんだそう。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
アボカドの美容・健康効果は誰もが認めるところ。アレンジ次第で、いくらでもオリジナルレシピができてしまいます。「WonderHowTo」でライターBrady...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
森のバターことアボカドを使った商品は、いまでも多くの飲食店の稼ぎ頭。中でもハンバーガーショップでの貢献度の高さはピカイチでしょう。そう聞いて、いまあなたの...