日本人よりも「カニカマ」を愛す人々が生んだレシピ

海外の日本食ブームをみていると、内食としてそれを取り入れるとき、扱いやすさ、アレンジの幅はかなり重要なようです。そういう意味で広く受け入れられたのが「SURIMI」。そう、すり身です。

カニカマのことをこう呼ぶ地域があるのだとか。サラダに入れたりサンドイッチに挟んだり、多くの国で好まれているようですよ。私たちには意外に思えるカニカマのアレンジ料理。おつまみにぴったりの一品をご紹介。

オイルで熱したカニカマは
最高のおつまみになる

58662536ed23014b89e9d8ee4fbb4778f48e491d

エビや牡蠣など魚介のアヒージョは数あれど、これだけ手軽なものは他にありませんね。1本そのままのカニカマとスライスしたにんにくを、浸る程度のオイルに入れたら、あとは弱火でじっくり熱するだけ。

決して焦らず火を大きくしないこと。オイルがグツグツ煮えてしまうと、種類によってはカニカマが崩れやすくなってしまいます。にんにくが軽くキツネ色になれば完成です。

英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
ヘルシーフードとしても注目され、「日本のことはあまり知らないけど、スシは好き」なんていう海外の人もいたり。その土地の人の口に合うように大幅アレンジされたも...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
スペイン料理の人気メニュー、アヒージョ。具材をにんにくやオリーブオイルと一緒に煮込んだ料理です。お皿に残ったオイルをパンに浸して食べるのもいいですよね〜。...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...