カナッペの概念をくつがえすトッピング3選

家飲みの場でも、パーティーシーンでも、誰でも簡単につくれるフィンガーフードの定番に「カナッペ」があります。薄切りにしたバゲットの上に具材をのせるだけという手軽さは、失敗しらずですよね。

ではどこでクリエイティビティを発揮するかといえば、やっぱり何をのせるか?の部分。生ハムやサーモン、クリームチーズと王道もいいですが、こんな組み合わせもオススメですよ。

01.
いちご × セミハードチーズ
× オリーブオイル

フレッシュな酸味のいちごを、チーズの深いコクで包み込む一品。デザートっぽさはなく甘じょっぱい味わいが、どんなお酒でも引き立ててくれます。

チーズはセミハードタイプであれば基本なんでもOK。なかでも特にオススメしたいのがゴーダチーズ。マイルドでクリーミーな舌触りは、甘酸っぱいいちごとマッチします。

<材料:2人分>
いちご:4粒
ゴーダチーズ:40g
バゲット:4切れ
オリーブオイル:適量

<つくり方>
ゴーダチーズといちごは薄切りする。バゲットにゴーダチーズ、いちごをのせて完成。

02.
納豆 × はちみつ

耳を疑うような組み合わせですが、これが不思議なほどに合うんです!納豆の臭みが消えて、どちらかといえば甘いもの寄りの上品な味わいに。

醤油はマストではありません。塩味が欲しい場合のみどうぞ。納豆のパックに添付されているタレではなく、お好みの醤油を加えて作ってみてください。

<材料:2人分>
納豆:1パック
はちみつ:小さじ1
醤油:数滴
バゲット:4切れ

<つくり方>
納豆を糸がひくまで混ぜてから、はちみつを混ぜ合わせる。それをバゲットにのせ、お好みで醤油をかけながらいただく。

03.
干し柿 × 生ハム

フルーツと生ハムの組み合わせは決して珍しくありませんが、干し柿ならどうでしょう。ねっとり濃厚な甘さの干し柿に、生ハムの塩気がバランスをとってくれます。

生ハムは塩気が強いものを選ぶのがオススメ。白ワインなど、あっさりめのお酒に合わせれば、気分はまるで高級イタリアンですよ。

<材料:2人分>
干し柿:1個
生ハム:8枚
バゲット:4切れ

<つくり方>
干し柿はヘタと種を取り除いて粗みじん切りに。生ハムも同様。干し柿と生ハムを混ぜる。バゲットにのせて完成!

ひと昔前までオードブルのひとつとしてよく耳にしていた「カナッペ」というスタイルがあったけど、最近めっきり聞くことがなくなったように思う。むしろこう呼ぶこと...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。