嗚呼、「カナッペ」という昭和感。

突然だが、オープンサンドはサンドイッチの一種。パンの上に具材をのせただけというご存知のアレ。普通のサンドもいいが、これはこれで味がありトッピングいかんでは驚くほどに見栄え良く、それなりに“らしく”見えるわけだ。

で、その見栄えを競うようにInstagramには、ていねいにスライスしたアボカドや2018年ブレイク予測のエディブルフラワーなんかでデコったオープンサンドが、山のようにアップされている。添えられたハッシュタグ、#ArtisanalToast(職人技のトースト)とは言い得て妙ではないか。

例えばこんなイメージ。

ところで表題の件。ひと昔前まで「カナッペ」というスタイルがあったけど、最近めっきり聞くことがなくなったように思う。むしろこう呼ぶことさえも、どこかはばかられるのはなぜだろう。

そもそもカナッペとはなんだったのか?

ちょっと調べてみれば、すぐに出てくる。パンを薄く一口大にカットしたものを、オーブンで焼いたり、油で揚げて、肉や魚、野菜やチーズをトッピングしたオードブルのひとつ。つまりは、軽食あるいはスナック感覚で前菜扱いされたオープンサンドとも言えなくもない。

ところが、この「カナッペ」というフランス語のニュアンスなのか、あるいはクラッカーにアドオンする手軽さなのか、それもと「クロスティーニ」や「ブルスケッタ」などのイタリア勢の認知度に押されてか、街に出ても家飲みのシーンでも、とかく「カナッペ」と口にすることがめっきりと減ってしまったように思うワケですよ。

まあ厳密には、焼いたパンにニンニクをすりつけてオリーブオイルをたらりとするブルスケッタや、クロスティーニとの違いもあるんでしょうが、いかんせんその特長が分かりにくい。現にTABI LABOの若いメンバー層にたずねると「人の名前?」だって。

この現代日本におけるカナッペの疎外感たるや。
取り留めのないハナシでした。


こっちがカナッペのイメージ。まあ、これはこれで。

まさか……そんな具材が……バゲットの……上に!?
本日、東京・芝大門にオープンした北海道のコロッケサンド専門店「ドサンド」。北海道産小麦を使った厚切り食パンと、オーダーしてから揚げる“サクサクホクホク”の...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
アメリカ東海岸で生まれた「Timberland(ティンバーランド)」が、2020年春夏コレクションの一部として、サステイナブルなワークウェアを発表した。
2018年、LAでブレイクした「ジャパニーズ・エッグサラダ・サンドイッチ」がニューヨークへと飛び火。全米中でタマゴサンドがブームに。
TABI LABOフードコンテンツのなかでも、人気の高い「美味しいコラム」を紹介します。あ〜、お腹が鳴る〜。
数年前に話題となった“LAセレブに愛される朝食”を生んだ店「eggslut(エッグスラット)」が、9月13日、新宿サザンテラスにオープン。看板メニューをは...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
スマートワインディスペンサー「Albicchiere」がKickstarterで予算を達成。専用バッグにワインを入れて、アプリから温度設定するだけで、いつ...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
今回は中目黒にある「フツウニフルウツ」。かわいくて映えなフルーツサンドを食べてみたで!キッチンカーで販売しているので神出鬼没。SNSで人気のお店って実際は...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
5月10日〜22日に開催された「NYC × DESING 2019」では、不確定な世の中を生きる現代人のために、街中にサンドバッグを備え付ける提案が発表さ...
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」が、Amazonのカスタマーレビュー数1万件を達成(2月10日18:00時点)したこ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
全長10.9kmの東急池上線は、都内にありながら昭和時代の風情が残る路線だ。都内に住んでいてもなかなか足を運ぶ機会はないエリアだが、その沿線には、「池上本...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
表面はカリカリ、中はとろっとろのチーズたっぷりホットサンド。お店で提供されるあのおいしさを自宅で作れたらどんなにしあわせか。ならばホットサンドメーカーを手...