超一流選手の汗が染み込んだ「ボール」がスピーカーとして手に入るなんて!

熾烈な戦いが繰り広げられている全仏オープン2018。
大会も佳境に入ってきましたね!

毎夜、錦織選手のさらなる活躍に胸膨らませながら、片手にお酒、片手にポップコーン(またはスルメ)、目前には大音量にしたTVと、バッチリ"環境"をつくって観戦しています。

とくにこだわりは、TVの音量。
球を打つあの音がたまらないんですよね。

"ポシュンッ"

って音。

あなたもですか?気が合いますね。

せっかくなら、もっとバッチリ"環境"をととのえたい!

使い終わったテニスボールの
Bluetoothスピーカー

© hearO
© hearO
© hearO
© hearO

この「hearO」は、テニスボールをリサイクルしたポータブルBluetoothスピーカー。

耐久性や空洞な内部、ゴムとフェルトの層など、テニスボールならではの特徴を利用して、バッテリ寿命と音量、音質すべてにおいて理想的なスピーカーになっています。

でもこのスピーカーの最大の魅力は、ここではないんです。

実は、チャンピオンシップのテニスボールでつくられているのです。
そう、あの一流選手たちが実際に試合で使ったもの!

年間で生産される球数は
3億個!

© hearO

元テニス部の方なら想像がつくかもしれませんが、四大大会で消費される球数って想像を超えるほどの、ものすごい量なのです。
たとえば……

オーストラリアオープン:48000個
全英オープン:55000個
全仏オープン:60000個
全米オープン:70000個
合計:23万3000個!

な、なんとっ!な数字ですよね。
年間でテニスボールに使われる総素材重量は1800万kg。
世界年間生産個数は、3億個にも及ぶのです。
もはや言われてもピンと来ないくらい、莫大な量です。

こうした背景から、このhearOは生まれました。
実際にいま販売しているものは、2017年の全英オープンで消費されたボールをリサイクルしています。

フェデラーやジョコビッチ、そして錦織選手が使ったかもしれない、汗と想いが染み込んだ貴重なボールだと思うと、なんだか急に愛着がわきそうな気がしませんか?

© hearO

価格は£60.00(約8700円)で、テニスボール缶を連想させるケースもいい感じ。

WEBサイトから購入できますが、ロンドンで製造設計されているため、さすがに今すぐ注文しても、今期の全仏オープンには間に合わない……。

けれど、7月に待ち構えるウィンブルドンには間に合うかもしれません!

© hearO

選手が使ったボールから聞こえる、あの音。

"ポシュンッ"

なんて贅沢なんでしょう。

Top photo: © hearO
Licensed material used with permission by hearO
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
「ELECOM」より発売された「TETORAPOD SPEAKER」は、その名の通り、テトラポッドをモチーフにしたBluetoothスピーカー。見た目に反...
感染予防にはモノと手の衛生を「長時間持続」させることが重要。そこでおすすめは、48時間効果が持続する「手」の抗菌化が可能なハンドフォーム「EZ BARRI...
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
スウェーデン「TRANSPARENT SOUND」から斬新な透明デザインのスピーカーが登場。インテリアとしても成立するデザインで、快適な音楽ライフを実現する。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
次世代シューズ「ACBC」は特許取得済みの技術により、ひとつのソールに複数のアッパーが付け替え可能。ジッパーで合体させるだけのラクラク設計。
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
マッチングアプリのプロフィール画像に「猫を抱えている写真」を使うかどうかで、男性が女性とデートをできる確率はかなり変わるそうだ。米「コロラド州立大学」の研...
7月4日、「OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH」から、新作のマスクコレクションが発売された。
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...
イタリアのデザイン事務所「ecopixel」が「ghetto blaster」というスピーカーを発表。カラフルなボディが印象的で、プラスチックのリサイクル...
「パナソニック」と京都の手作り茶筒の老舗が「最新技術」と「伝統工芸」を結集させて作った「茶筒スピーカー」が最高にクールと話題。“五感や記憶に響く体験価値”...
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...