音も良し、見た目もおしゃれな「スピーカー」5選

インテリアを見直したり、観葉植物を取り入れたり。お家で過ごす時間が増えて、快適なお部屋作りのためのあれこれが気になっている皆さんへ。

せっかくなら、「サウンド環境」も見直してみてはどうですか?

無音でのテレワークもなんだか味気ないし、お気に入りの音楽かラジオが流れている方が気分も良く仕事も捗りそうです。ステイホームの休日だって、お気に入りの音は気分を上げてくれるはず。

「音が良い」っていうのはもちろん大事なんですが、お部屋に置いた時、「インテリア」としてオシャレだったりかわいいってところにもこだわりたい。そんなスピーカーを5つご紹介したいと思います。

テトラポッド型の
Bluetoothスピーカー

テトラポッド型の Bluetoothスピーカー
©Makuake

まるで精巧なジオラマパーツのようなテトラポッド型のスピーカー「TETORAPOD SPEAKER」。

「ELECOM(エレコム)」が開発したこのBluetoothスピーカーは、マットグレーのボディにレザープリント塗装が施された独特の肌触り、そして3本足で起立する姿は海辺のテトラポッドそのもの。

驚くことに、こんなかわい見た目に反して、圧倒的な高音質を実現しているのです。

詳しく読む>>>

北欧初!音もデザインもクリアで
スタイリッシュなスピーカー

北欧初!音もデザインもクリアで スタイリッシュなスピーカー
©TRANSPARENT SOUND

スウェーデンのオーディオブランド「TRANSPARENT SOUND」の「TRANSPARENT SPEAKER(トランスペアレント スピーカー)」は、インテリアとしても成立するスマートなデザインのスピーカー。

一般的なスピーカーであれば隠すはずの内部配線やウーハー構造ですが、その名の通り“トランスペアレント(=透明)”な筐体にすることで、スタイリッシュさを強調しています。

詳しく読む>>>

バルミューダ初!
360°サラウンドスピーカー

バルミューダ初! 360°サラウンドスピーカー
©BALMUDA

「オーディオ機器だけはつくらない」

と決心していた「バルミューダ」CEO・寺尾氏。しかし、同ブランドのデザイナーらによってそんな強い想いをも覆すようなワイヤレススピーカー「BALMUDA The Speaker」が誕生しました。

特筆すべきは、ライブさながらの臨場感を演出する、その立体的なサウンド。

全音程がシームレスに再生可能なフルレンジスピーカーと、独自設計のドライブユニットを上向きに搭載。そうすることで360°全方位に広がるリアルで奥行きのある音像を再現。とくにボーカルが際立つ設計となっており、室内・屋外問わず、どこにいても気持ちのいい音楽体験が叶うとか。

詳しく読む>>>

バンクシーのデザインを採用した
パネルスピーカー

バンクシーのデザインを採用した パネルスピーカー
©FOX

ロンドンを中心に活動する覆面グラフィティアーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型bluetoothスピーカー「Visual Sonic - Banksy Edition」。

スピーカーらしさのない見た目で音楽が流せてしまうこのアイテム。接続に専用アプリなどは必要なく、スマホやタブレット、ノートパソコンなどのBluetooth接続機能のある機器と簡単に繫げられるのがいいところ。

ケーブルをつないだままにしなくて済むので、まさにインテリアから音が流れているような佇まい。

アートのバリエーションは全10種。

詳しく読む>>>

イケアがSonosとコラボした
Wi-Fiスピーカー

イケアがSonosとコラボした Wi-Fiスピーカー
©IKEA×Sonos

「イケア」がオーディオメーカー「Sonos」とコラボレーションして開発したWi-Fiスピーカー「SYMFONISK Wi-Fiスピーカー付きテーブルランプ」。

オシャレなテーブルランプにスピーカー機能が加わり、部屋を照らしながら音楽を流す同アイテムは、どんな空間にも溶け込んでくれるIKEAらしいデザインも魅力です。

Wi-Fi接続による音楽のストリーミング再生が可能なため、通知音や端末操作時の効果音を気にすることなく音楽を楽しめます。

詳しく読む>>>

Top image: © BALMUDA
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
スウェーデン「TRANSPARENT SOUND」から斬新な透明デザインのスピーカーが登場。インテリアとしても成立するデザインで、快適な音楽ライフを実現する。
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
「パナソニック」と京都の手作り茶筒の老舗が「最新技術」と「伝統工芸」を結集させて作った「茶筒スピーカー」が最高にクールと話題。“五感や記憶に響く体験価値”...
「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
「ELECOM」より発売された「TETORAPOD SPEAKER」は、その名の通り、テトラポッドをモチーフにしたBluetoothスピーカー。見た目に反...
「IKEA」と「SONOS」がコラボレーションし世界中で話題となった「SYMFONISK テーブルランプWiFiスピーカー付き」がついに日本で発売。
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
オランダを拠点に活動するデザイナーRoel Van Heurさんが自作したバランスバイクをご紹介。
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
満を持して日本にやってきたスピーカー「LectroFan micro」は、「ホワイトノイズ」を発生させ、心地良い空間を生み出します。「ホワイトノイズ」とは...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
同じカテゴリーの新作がどんどん登場しているけれど、防水で音が大きいっていうこのスピーカーの強みは揺るぎない。
肩にのせることで手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』がソニーから登場。スピーカー...
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...