この絵画の中に、「スピーカー」が隠されている。

ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。

クラウドファンディングKickstarterにて、バッカーの集まりも上々のようですよ。

音楽もアートも楽しみたい

香港のデザイン会社Digital Oasis Limitedが開発中の「Visual Sonic」。スピーカー内蔵と聞くと、重たく分厚そうですよね。ところが総重量はたった2キロほど。厚みもわずかに2.5センチだそうで、これ、壁掛けスピーカーとしては極薄レベルなんだとか。

Bluetooth4.0 (BLE)対応で、USBチャージで充電も可能。

このキャンバス、もちろん壁掛けのみならずそのまま床に置いても、壁に立てかけたってOK。空間を選ばずインテリアとして、アート作品として、もちろんスピーカーとして三役で活躍してくれるのもいいですよね。

ちなみに作品は、世界中の若手アーティストたちからピックアップ。抽象画からグラフィティまで、世界観はさまざま。きっとお気に入りの作品が見つかるんじゃないでしょうか。

置き型のスピーカーは数あれど、アート作品が融合したモノっていう感覚がちょっと新しいなと思いました。自分空間に色と音を添えてみるのはどうでしょう。200ドル(約23,000円)そこそこならば、悪くないかも。こちらから。

Licensed material used with permission by Digital Oasis Limited
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
肩にのせることで手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』がソニーから登場。スピーカー...
「Life Size SPEAKER」をコンセプトに開発されたBASS EGGを知っていますか?暮らしの中にある、あらゆるものをスピーカーに変えてしまう革...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...
去年から日本で展開をはじめた「BASE EGG(ベースエッグ)」というポータブルなスピーカー。平面振動というタイプで、置いたその場所を振動をさせて音を出す...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
「Rockit Logs」と呼ばれるスピーカーの原材料は、カナダの森の中で放置されていた丸太です。材木の製造過程において、大量に出ると言われている丸太の切...
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...
同じカテゴリーの新作がどんどん登場しているけれど、防水で音が大きいっていうこのスピーカーの強みは揺るぎない。
空間の邪魔をするどころか、むしろ存在するだけでオシャレに見える。そんなクールすぎる「BeoPlay A6」は、立てて使っても壁に掛けてもOKのスピーカー。...