音楽を聴きながら寝落ちできる「枕型スピーカー」が登場

本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換えたもの、つまり、音楽を聴きながら寝落ちできるのが、この「Flexound HUMU」。というのは、あくまでも個人的見解ですが、多分あながち間違ってはいないはず。

音楽を「聴く」ではなく
「体感する」イメージか

スマートクッションを謳う「Flexound HUMU」は、いわば「枕型スピーカー」といったところ。Bluetoothを使ってスマホなどのデバイスと接続し、内部のスピーカーから音楽を再生することができる。

普通、音楽とは耳で聴くもの。でも、これを使えば、頭の後ろから体全体に響いていきそうな気がする。つまり、「聴く」というよりは、音楽を「体感する」イメージなのかもしれない。もし抱き枕なんてしたときには、一体どんな感覚を味わえるのだろう。

テレビと接続すれば、ゲームや映画のサウンドも迫力満点に。「音楽を聴きながら寝落ち」だけでなく「映画を観ながら寝落ち」なんてのも良さそう。

「Flexound HUMU」は、「Indiegogo」で製品化へ向けたクラウドファンディングを実施中。期限まで残り約3週間で、目標額に対する達成率は70%といったところ。価格は今なら早期割引で299ドル(約34,000円)で、別途送料が必要。新たなサウンド体験に興味がある人は、ぜひ詳細をチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Flexound HUMU
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
なにが違うか、わかりますか?
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
ちょっと小さめの抱き枕「Somnox」は、“呼吸をする”という機能を持っています。詳しく言うと、使う人の心拍数に合わせて、息をしている音を聞かせてくれると...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...