音楽を聴きながら寝落ちできる「枕型スピーカー」が登場

本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換えたもの、つまり、音楽を聴きながら寝落ちできるのが、この「Flexound HUMU」。というのは、あくまでも個人的見解ですが、多分あながち間違ってはいないはず。

音楽を「聴く」ではなく
「体感する」イメージか

スマートクッションを謳う「Flexound HUMU」は、いわば「枕型スピーカー」といったところ。Bluetoothを使ってスマホなどのデバイスと接続し、内部のスピーカーから音楽を再生することができる。

普通、音楽とは耳で聴くもの。でも、これを使えば、頭の後ろから体全体に響いていきそうな気がする。つまり、「聴く」というよりは、音楽を「体感する」イメージなのかもしれない。もし抱き枕なんてしたときには、一体どんな感覚を味わえるのだろう。

テレビと接続すれば、ゲームや映画のサウンドも迫力満点に。「音楽を聴きながら寝落ち」だけでなく「映画を観ながら寝落ち」なんてのも良さそう。

「Flexound HUMU」は、「Indiegogo」で製品化へ向けたクラウドファンディングを実施中。期限まで残り約3週間で、目標額に対する達成率は70%といったところ。価格は今なら早期割引で299ドル(約34,000円)で、別途送料が必要。新たなサウンド体験に興味がある人は、ぜひ詳細をチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Flexound HUMU
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
スウェーデン「TRANSPARENT SOUND」から斬新な透明デザインのスピーカーが登場。インテリアとしても成立するデザインで、快適な音楽ライフを実現する。
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。