どこでも眠れる!「枕付きパーカー」がアメリカで話題を呼んでいる

機能性とデザインが両立した快眠グッズに、なかなか出会えなかった人。これは注目です!スタイリッシュなパーカーに、驚くような快眠機能が隠されていました。


世界でもっとも
寝心地のいいパーカー

Ccd93979d26749dfde1e35b38380a73992da81eb

一見したところ、いたって普通のパーカーのように思える「The Hypnos Hoodie」。ところが、ある工夫を施した瞬間から、世界で最も寝心地のいいパーカーへと生まれ変わる、あっと驚く仕掛けがあるんです。秘密はこのちょっと大きめのフード。

フードに空気を吹き込んで
即席枕のできあがり!

Ae0f5452f784068cb4970b50050263d650acee38

気持ちよさそうに目を閉じるカップルのフード部分に注目。不自然に、こんもりしていることにお気づきですか?これこそが、このパーカー最大の特徴。フード内部には、浮き輪のように膨らませる、着脱式の枕(インフレータブル・ピロー)が内蔵されているのです。イマイチぴんと来ない人でも、納得いくビジュアルがこちら。

Cb239156385302f86b4e49e61d2f1cb38956621f58d63ad0ae863b2015694ece39353692f02a9068

首元には、息を吹き込む空気栓がほら、ご覧のとおり。吹き込む息の量は時間にして3秒ほど。どの角度に頭を傾けても、「すっぽり覆うよう人間工学に基いたデザインを追求した」、と開発者のJosh Woodle氏は自信ありげ。

被っても美しい
シルエットを追求

C1a73e148df64b024a4694d946064dd9e5d8be491e2a86039c6e036dce1cd1eb02eed92c01854303

さらに、彼らが徹底的にこだわったポイントがもうひとつ。空気を入れていない時でも、フードのシルエットが美しく見える工夫です。枕が膨らんだ時のサイズに合わせて、フードは若干大きめに設計されているものの、確かに見た目がスッキリ!
機能はもちろん、スタイルの邪魔をしない洗練されたデザインが秀逸だと思いませんか。

Cf2f955904af490be673b095e07ee9caaaead5bdA6a113648b90143b3a7dfb221ab85dbb733786f9

そうそう、このパーカーの名前「HYPNOS」は、ギリシャ神話に登場する眠りの神さま。なんとも、ご利益がありそうなネーミングですよね。

Licensed material used with permission by The HYPNOS
1日中パソコンを使ってカラダがバキバキ。マッサージにいきたいけど時間もない…。そんな人にとっておきのアイテムをご紹介。マッサージ機能付きのパーカー「Ari...
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
なにが違うか、わかりますか?
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
宇宙服や戦闘服、防弾チョッキなどに用いられる硬質合成繊維を織り込んでつくった耐久性最強クラスのパーカー「100 Year Hoodie」。その過酷な商品テ...
こっ…コレは正直、恥ずかしい。いったい何のかぶり物なんだ!?と、思われても無理はありません。だって、はたから見れば明らかに違和感アリですから。だけど、当の...
「The Comfy」は、優れた防水・防寒対策がしてある、カジュアルなスタイルのパーカー。水の上に寝たとしても、濡れないというのがポイントです。
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
約5,000円から支援可能です。
ちょっと小さめの抱き枕「Somnox」は、“呼吸をする”という機能を持っています。詳しく言うと、使う人の心拍数に合わせて、息をしている音を聞かせてくれると...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
ずっと憧れていた〈PARKER(パーカー)〉の「デュオフォールド」、通称“ビッグレッド”。2015年の秋に復刻バージョンが出てから、悩みまくること約3ヶ月...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
Lauren Harburyさんは、今まで長年にわたり、不眠の悩みを抱えている人たちをサポートしてきたそう。環境が変わったり、旅行先になると眠れなくなって...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
家族のいびきで眠れない!と発狂気味になっているあなたにとって、スマートデバイス「Nora」は救世主になるかも。もちろん何も装着しなくてOK。何か特別な操作...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
何もしなくても快適な生活を送れると、ホテル暮らしに憧れる人もいるようですが、五つ星の高級ホテル「パーク ハイアット シカゴ」に住んでいるのは、なんと犬!?...
スペイン発、〈Studio Banana Things(スタジオ バナナ シングス)〉の「オーストリッチピロー GO」反発にこだわったという形状記憶クッシ...
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...