眠くなるほど暖かいパーカ「SLEEPY PARKA」

そろそろ押さえておきたい、冬を楽しむためのアウター。決して安くはない買い物のため、どうせなら長く愛用できるものを選びたいところ。

そこでぜひ参考にしてほしいのが、明日から始まる「2020AW ダウンジャケット」特集。数あるアイテムの中から「これだ!」と思う一着を厳選してお届けしていく。

その前に、“特別枠”としてこのパーカを。ダウンジャケットではないけれど、紹介せずにはいられない逸品

寒さなんて、もうへっちゃら。

O -「SLEEPY PARKA」
© 2020 NEW STANDARD

これまでに何度か紹介しているブランド「O -(オー)」。プロダクトを見るたびに遊び心と機能性のバランスに唸らされるわけだが、同ブランドの冬の定番といえば「SLEEPY PARKA」。その名の通り、“眠くなるほど暖かいパーカ”だ。

どう?これだけでも興味をそそられるはず。でも、ディテールを知ればもっと欲しくなる。

O -「SLEEPY PARKA」
© 2020 NEW STANDARD

中綿は寒冷地でのフィールドワークにも耐えるプリマロフト。もともと米軍のミリタリーウエアとして脚光を浴びた人工素材で、十分な暖かさと軽さを誇る。

表地は耐久性撥水加工を施したナイロンシェル。少々の雨や雪なら弾いてくれる。フード口と裾のドローコードをアジャスターで絞れば、冷気を一気にシャットアウト。大きめのスタンドカラーに収納されているフードを被れば、寒さなんてもうへっちゃら。

O -「SLEEPY PARKA」
© 2020 NEW STANDARD
O -「SLEEPY PARKA」
© 2020 NEW STANDARD

前身頃にはふたつのハンドウォーマーポケット。貴重品を失くさないためのZIPポケットもふたつ。内側にもストレッチメッシュを使用した大きなポケットがあり「これでもか!」と言わんばかりの収納力。とりあえず、なんでも放り込めてしまえるほど余裕がある。

そして何より、着るとカッコいい。アウターは機能面の紹介がどうしても多くなるが、やっぱり「O -」の真骨頂はそこ。ややゆったりとしたサイジングは、インナー選びの柔軟性も高めてくれる。

O -「SLEEPY PARKA」
© 2020 NEW STANDARD

今期は定番のブラックのほか、宇宙服のようなスペースグレイと写真のハンターグリーンを加えた3色展開。

価格は10万円(税込)で、購入は「渋谷PARCO」の「FAN」および全国の取扱店にて。

Top image: © 2020 NEW STANDARD