日本未発売「Hanesのマスク」がちょうどいい!

オシャレなマスク?機能的なマスク?もちろんよろしい。唯一、お値段を除けば……。

今や、マスクはあくまでも日用品だ。毎日使うから数もそれなりに欲しい。ひとつ1000円くらいが現実的か。

となると、この「Hanesのマスク」が自分にはちょうどいい。

Tシャツと同じく
「快適な日常着」として開発

©2020 NEW STANDARD

アメリカで展開されていて、日本未発売のモノ。HanesのTシャツやアンダーウェアと同じく、“快適な日常着”として開発されたという。

通気性の高い、コットン100%の3層構造。Hanes独自の吸湿発散性素材「Cool Comfort」を使用してる。

鼻部分には調整可能なノーズピース入り。イヤーループは内部にゴムバンドを備えたソフトなコットン製。フロントパネルの立体プリーツにより、顔を優しく包み込んでくれる。当然、洗濯して繰り返しの使用も可能。

……と、一通り書いてはみたけれど、お気づきのようにスペシャルな機能があるわけじゃない。でも、それでいい。日用品としては十分。

©2020 NEW STANDARD

購入時に懸念していたことといえばサイズ感。「アメリカでワンサイズ展開」と聞くと、日本人には大きすぎるのでは?とビビってしまう(笑)。

実際に付けてみると、自分(178cm)の顔には問題なくフィット。女性(161cm)だと写真の通り。

こればかりは個人差があるので、心配な人はまず1枚だけ買って試してみるのがいいと思う。990円(税込)という価格もそれが許される範囲内。じつは楽天市場で検索すると、取扱店がヒットする。

なお、このマスク自体は抗菌保護、抗ウイルス保護、粒子ろ過といった新型コロナウイルスの感染予防、軽減については主張していないので、その点だけご理解を。

Top image: © 2020 NEW STANDARD