【ブルックリン発】アパレル業界でゴミ0に挑むファッションブランド

アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。その量は米国だけでも、年間約900万トンにも及ぶのだそうだ。

この大量の廃棄物に目をつけたのが、ブルックリンを拠点として活躍するファッションデザイナーDaniel Silverstein。

モードの匂いがする
絶妙なパッチワーク

5ae80167dd5cc08a68be7aa39c90fdb986c0541b

状況を問題視した彼は、生地の切れ端を集めてスウェットシャツを作ってみた。それをSNSで公開したところ「どこのブランド?」「欲しい!」とポジティブなコメントが多く書き込まれたそう。想像以上の反響があり、2015年には「zero waste daniel」というブランドを立ち上げることに。

6effd721bede9e0b4066fec83e2f59c376b10b1e

「クッキーをつくる時、型を抜いた後の材料を使って、またクッキーをつくるだろ。同じ要領で、服をつくる時に出る切れ端を使って、もう一度服をつくるんだ」

Danielは簡単そうに話すが、その出来栄えは、やはりセンスと経験に寄る部分が大きく寄与している。アイテムは、トップス、ボトムスが中心。2つとして同じものはないのが最大のポイント。モードな匂いのする絶妙なパッチワークは、地元で大きな評判となっているようだ。

Ce298dad672cd3b589efc15c93f91ba2ad559db11c336ba8c3976f885212f0487279ca3ba3ef20a62c0aaaa4c88d9b156a8ca2724cf138a6d4d61ae16cf084c335c4ff41fab3e563adcba5df16e07068E42594adab8be14c12bc5e978248a319d2594bed

アパレルに新たな視点を持ち込んだ功績は大きいと感じた。最近では「エコフレンドリーでない企業はクールじゃない」というトレンドが起きてきてはいるが、地球環境のためにこの流れがさらに加速していくことを願っている。

NYへ行く機会があれば、店舗を訪れてみるのもいいだろう。なお、Tシャツであればオンラインで注文できるようだ(約6,700円)。詳しくはコチラまで。

Licensed material used with permission by zero waste daniel
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
思い返してみると、「ケンタッキーフライドチキン」が手掛ける食以外のプロダクトは、面白いものでたくさん。フレイバーまでこだわったマニキュアがあれば、食欲をそ...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
SNSにアップする過激な画像や文章が話題となり、10代を中心に絶大な支持を受ける「BLACK BRAIN Clothing」(BBC)のディレクター・iL...
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
どうしても機能の話になりがちなブランドだけど、じつはちゃんとファッションとしての着やすさも担保されているところが魅力だと思う。
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
代官山・中目黒で働くファッション業界人にファンが多いこともあり、発売間も無くSNSで拡散されていました。問い合わせの電話も殺到したとか(スタッフ談)。