Tシャツ

オールシーズンで着回しできるTシャツは、絶対に欠かせないファッションアイテムのひとつ。こだわりが詰まっていたり、オシャレだったり、高性能だったり、ちょっとした仕掛けがあったり(?)と、いろんなタイプのTシャツをご紹介。
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
光沢感が強くハリやコシがある上質な素材感。リブもポイント!「ジャケットの中に着るTシャツ」
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
今季はトレンドのヘビーウエイト&ルーズシルエットを採用。ただし、大人としてはちょうど着やすい仕様に!
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
コロンビアの新作Tシャツが調子いいんです。
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
北欧を中心に展開するセレクトショップ「Carlings」が話題だ。中央に書かれたロゴがInstagramのARフィルターで認識するためのトリガーとなってお...
このTシャツはスゴイです。選ぶべき理由がちゃんとあります。20代以上の男性なら選択肢に入れてもらって間違いありません。そう言い切れるぐらいイイです。
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
ナノ・ユニバースが「ジャケットの中に着るためのTシャツ」をリリース!ありそうでなかった画期的な3モデルを紹介。
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
蚊が嫌う、有効成分を繊維の奥に定着させた「Anti-mosquito Tee」。カジュアルなコットンの素材感にも注目。適度なカッパリングが入ったラウンドネ...
米衣料品メーカー「HercLéon」社が開発した「Apollo Travel T-shirts」。独自素材が、臭いの原因となるバクテリアを抑制、殺菌、セル...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
現在、「ディーゼル」はフロリダ州マイアミにマンションを建設している。12月3日、彼らはその設立記念として「史上最高額のTシャツ」を売り出すと発表した。
オーセンティックなタイポグラフィが、店名が持つかわいさをストレートに表現しています。
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。