絶対にダラしなく見えないTシャツ「フォーマルジャージー」

「フォーマルジャージー」(税込8,800円)

うん、Tシャツでこのお値段はちょっぴり高級です。ただ、はっきり言って同じ値段のシャツよりも、よっぽどジャケットに合わせた時にカッコよく見えるし、機能的です。

素材はジャージー。

どのTシャツよりも、光沢感が強くハリやコシがあります。誰がみても「質がいいんだろうな」とわかるぐらい(笑)。もちろん、型崩れもしにくくなってます。

 

ジャケットの中に着るTシャツ→気になる

そして……

ジャケットの中に着るTシャツジャケットの中に着るTシャツ

裾や袖がリブ仕様になっているところに注目!

これはつまり「裾をタックアウトしてもいいよ」という仕様です。

ジャケットの中にTシャツを着る時、裾をパンツの中に入れるか出すかで悩んだことがあるはず。この「フォーマルジャージー」においては、気にせずタックアウトしてください!

リブがあることで、絶対にダラしなくは見えません。ホラッ!

ジャケットの中に着るTシャツ→詳しくはコチラ

関連する記事

「ZOZOTOWN」で、グリーンバックの特徴を活かし、画像や映像の素材を用いてデザインが変えられるオリジナルのTシャツが発売。特設サイトでは楽しみ方の提案...
新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
「ナノ・ユニバース」が自然環境に配慮した新レーベル「Meaningful Continuity(ミーニングフル コンティーニュイティ)」をスタートさせた。
「unusual usual things(よくあるモノを世にも珍しいモノへ)」をコンセプトに掲げるデザインスタジオ「March」の書き込めるTシャツ「C...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。