蚊が嫌う「Tシャツ」。

僕が代々木上原でやっているお店『タテイスカンナ』で、毎年大好評の「Anti-mosquito Tee」。

自分にとっても夏の定番です。

有効成分を特殊製法によってマイクロカプセルに包み込み、繊維の奥に定着させています。これによって蚊が嫌うとされるユーカリの香りが、洗濯約50回まで持続。もちろん、人体への影響はありません。

この「蚊が嫌う」というところが一番の特徴となっているTシャツですが、ファッション的な視点でも優れています。

少しクタっとしたカジュアルなコットンの素材感。適度なカッパリングが入ったラウンドネック&Vネックともに、一枚で着ても様になるTシャツです。付属のスナップボタン付きテープでロールしたTシャツをまとめられるので、ポータブルな側面もあります。

とくに今年からは11色展開で、色の選択肢が増えました。大人買いする人も多いですね。

ちなみに、僕はイエロー、カーキ、ネイビー、ホワイトの4色を購入。調子いいです。

鳥羽祟之/『タテイスカンナ』店主
代々木上原駅から徒歩2、3分。国内のユニークなブランドから、海外のメゾンブランドまでを揃えるアパレルショップ。いろいろありますが、今のオススメは藍染アイテム。神楽坂に藍染めの工房『タテイスカンナ紺屋』もオープンしました!

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

関連する記事

昨年、紹介したところ大きな反響があった「Anti-mosquito Tee」が、今年も登場。もはや定番と言っていいと思う。
周りには大勢の人がいるのに、なぜか自分にだけ蚊が近寄ってくる。そんなストレスフルな状況とおさらばできる、画期的なTシャツを紹介。おかげで、これからのキャン...
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
夏のイヤな風物詩、「蚊」に刺されないためのさまざまな対策記事を紹介。蚊によく刺される人の特徴を知るもの、自家製「蚊よけスプレー」や「蚊取り線香」の作り方、...
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
「ZOZOTOWN」で、グリーンバックの特徴を活かし、画像や映像の素材を用いてデザインが変えられるオリジナルのTシャツが発売。特設サイトでは楽しみ方の提案...
新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
25を超えるブランドが集結し、ファッションの楽しさが凝縮されたアダストリアグループ公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」が実店舗になって登場。「らら...
ポリエステル100%でドライな質感はこれからの季節にぴったり。コットンのしっとりとした心地よさとはまた違った快適性だ。
「ICONSPEAK」は、39のアイコンがプリントされているのが特徴だ。言葉の通じない場所でもコミュニケーションを取れるようにするために開発されたから、コ...
アジア最大のeスポーツイベント「RAGE ASIA 2020」のオフィシャルTシャツを「BEAMS」がデザイン。テクノや近未来をイメージしたファッショナブ...
北欧を中心に展開するセレクトショップ「Carlings」が話題だ。中央に書かれたロゴがInstagramのARフィルターで認識するためのトリガーとなってお...
“おもしろいTシャツで参加すること”だけがルールの雑談MTGを週1回、編集部で開催中。
現在、「ディーゼル」はフロリダ州マイアミにマンションを建設している。12月3日、彼らはその設立記念として「史上最高額のTシャツ」を売り出すと発表した。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
〈MXP(エムエックスピー)〉と〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボ「DAY ONE POUCH SET」。マキシフレッシュプラスと異形断面糸ポ...
「FreshService」から、日本の夏の風物詩である「蚊とり線香」が登場。
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
「花王」が、特定のオイルを塗ることによって蚊の嫌いな肌表面を作り出し、蚊に刺されることを防ぐ新技術を開発した。
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
6月12日、「スターバックス」がBlack Lives Matter運動への賛同を示すメッセージ入りのTシャツを従業員に対して25万枚以上配布すると発表した。
まさかアンディ・ウォーホルとジャン=ミシェル・バスキアとキース・ヘリングのTシャツが、全部あわせて5,000円以内で買えるとは! 
「BEAMS(ビームス)」が、お店の名前とイラストがデザインされたTシャツを販売し、売り上げの一部を寄付する、飲食店応援プロジェクトを期間限定でスタートした。
“おもしろいTシャツで参加すること”だけがルールの雑談MTGを週1回、編集部で開催中。
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。