男なら、「透けない白T」って欲しくない?

あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にしたプリントTシャツをほとんど見かけなくなったし、買うなら無地と考えている人はきっと僕だけではないはずです。

ただし、そうなると男性陣にとってはセンシティブな問題が発生することに。黒や紺、グレーなら気にする必要はないけれど、白を着るときが要注意。じゃないと、ちょっとピタっとしたものなら、乳首が透けて周囲に引かれちゃうんです。「気持ちわる〜い」なんて、ね。あー恐ろしい。

僕は少しだけ大きめのゆるいモノを好んで着るから、きっと大丈夫(だと信じたい)。だけど、ジャストサイズを好む人にとっては由々しき問題。そこで、こんな一枚を紹介しましょう。

紳士たるもの、
乳首透けるべからず。

078d30f7e350389302898bf97c2c5bdd396c9d57

「透けない白T製作委員会」が開発したのが、乳首が透けることを気にせず着用できる「正装白T」。メンズたちの悩みと向き合うこと2年、このたびついに商品化へとこぎつけました。

27fdb339fe22f811b5fe043b368709cdab161d65

彼らは、従来の白Tが、生地も仕立て方も下着の延長線上でつくられていることに問題意識を持ったそう。ゆえに「下着からの完全なる脱却」をテーマとして、綿や厚み、デザイン、製法、そのすべてを見直したといいます。

クルーネック/Vネックの
2型を展開

Ad71e41b9cf287fd8577c654c13f33e8ef9b6133B40cbaa275e650c542bb67f25b12adb04dd08f5d55127d51f7ff54ff03cf297f54714c452c6037b8E5c997865c589fe41f1676d6f4575ba716c6fed7

このサイズ感で写真のように胸を張って直立すると、普通なら“ヤツら”が存在感を発揮してしまうもの。でも、これを見るかぎりは、なんとか耐えていますね。

438bcd5957a53fd2f021d3c5e1dcb24863797bbe

紡績からパターン、縫製などすべての工程でメイドインジャパンを徹底している点も高ポイント。価格はいずれも9,000円(税別)で、3月14日(火)10時から、オフィシャルサイトにて購入可能です。相場よりはやや高めな印象ですが、この一枚によって保たれるかもしれない周囲との関係はプライスレス。

自宅のクローゼットの中を思い出してみる。1枚、2枚、3枚……プリントTも合わせると、ちゃんと使えるレベルのものが計9枚あった。すでに一週間まるまる過ごせる...
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけどこれは、ぜんぜんイヤじゃない。
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
ファッションブランドのTシャツよりも、断然こっちがいい!
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
まさかアンディ・ウォーホルとジャン=ミシェル・バスキアとキース・ヘリングのTシャツが、全部あわせて5,000円以内で買えるとは! 
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
色鮮やかなフルーツを使ったこだわりのタルトが人気のキル フェ ボンから、とても贅沢な“冬限定”商品が登場しました。その名も「特選 白イチゴ〜初恋の香り〜の...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...