「洗いざらしで、裾を外に出して着る白いシャツ」の決定版

世の中に数多ある白いシャツ。そのなかでスタンダードになり得るシャツを、と作られたのがこの「THE SHIRTS」です。

公式HPに記載されているスペックから言えば、綿のカシミアと言われるスーピマコットンを使ったオックスフォード生地を採用。製品洗いを施し、身幅は少し細め、着丈も少し短めというスタイル。襟と袖にはフラシ芯、ボタンは貝ボタンと高級シャツの意匠もしっかりと取り入れられています。

と、かっちり、ちゃんと、作られているシャツなんですが、個人的に「THE SHIRTS」が素敵だと思うのは、“洗いざらしで、裾を外に出して着る”ことを想定して作られていること。

もちろんタックインして、アイロンをかけてもカッコイイですが、ざっくり着て様になるようになっているんですね。着丈がちょっと短いところとか、象徴的なディテールだと思います。

好みにもよりますが、こういった白いシャツってカジュアルに“洗いざらしで、裾を外に出して着る”ことが多くないですか?

そんな時に気軽に心地よく着れて、だけど、ほどよくちゃんとしてる感も演出できる。絶妙な塩梅を体現しているのがこの「THE SHIRTS」だと思うんです。

公式オンラインショップで購入可能です。

©2017 TABI LABO
©2017 TABI LABO
©2017 TABI LABO
Top image: © 2017 TABI LABO
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...
羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
きっと誰もが一着はもっている「シャツ」に関する素朴な疑問にお答えします。
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
一見なんの変哲もないコロコロですが、その実かなり進化している「THE COLOCOLO BY NITOMS」。収納時、ケースにテープがくっつきません。
ハーフパンツに合わせたり、涼しい夜はガバッとTシャツの上に着たり。
「THE GLASS」は、まさに使いやすさを目的にデザインされたプロダクトです。一見何の変哲もないグラスですが、素材は厚みのある耐熱ガラス。割れにくく、電...
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「The North Face」が手を組み、キャンピングトレ...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
なんといってもこの「THE 醤油差し」を語る上で欠かせないのが、“液垂れがしない”ということ。高い技術力で蓋の部分にくぼみを作り、醤油がスゥッと戻っていきます。
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
「The Magic Water」は、特殊な技術で抽出したアルカリ性の水のクリーナーです。つまり、原料は水オンリー。界面活性剤どころか、水以外は一切使って...
〈TERRA〉というブランドの「Hola」というモデル。真鍮のパーツとポリエステルの蝋引き糸による編み紐、柔らかいラクダ革のアジャスターと素材使いがとても...