極上の着心地

これからの季節、1枚あれば絶対に活躍するスウェット。ハーフパンツに合わせたり、涼しい夜はガバッとTシャツの上に着たり。

というわけで、昔ながらの吊り編み機でゆっくり編まれた〈THE〉のスウェット。生地が柔らくて気持ちいい&丈夫なので躊躇せずに洗濯しまくっても大丈夫。つまり、秋にぴったり。春も冬も着てたけど(笑)。

プリントもないし、カタチも普遍的でスタイルを選ばない「THE Sweat」。だからこそ、ヘビーローテーション必至。

公式オンラインショップで購入可能です。

©2017 TABI LABO
Top image: © 2017 TABI LABO
「THE」のアイテムまとめ
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
ポリエステル100%でドライな質感はこれからの季節にぴったり。コットンのしっとりとした心地よさとはまた違った快適性だ。
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
古着屋さんで時々見かける、何十年前のものなのに生地がしっかりしているスウェット。いいですよね〜。〈THE〉のスウェットは、その現代版。1960年代に活躍し...
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
アートユニット「MOTASWORKS」の個展「BOOTEMPORARY」が「JOURNAL STANDARD FURNITURE 神南店」で開催中。額装さ...
とてもミニマルなデザインのショーツで、トラベル用として展開されている〈THE NORTH FACE〉の「TECH LOUNGE SHORT」。ニオイを軽減...
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
特殊加工を施した「ONE SWING SHORTS」は、まるでビニールのような撥水性。カレーうどんをこぼしても簡単に拭き取れるほど。しかも、型崩れしにくく...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
海に沈めた酒が漁師の間でおいしいという話があり、実際に科学的な分析を実施したところ、まろやかさやうま味が増すことが判明。お酒は岩手の酒蔵「酔仙酒造」の吟醸...
東京・町田の「武相庵Cafe&Hostel」で味わえる「本気のクリームソーダ」は、一流のバーテンダーならではのセンスと技術が詰まった夢のような一杯。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏が「うっかりさん」にオススメしたい「ガンジーセーター」の特徴とは?
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...