10年単位で付き合いたい「スウェット」

古着屋さんで時々見かける、何十年前のものなのに生地がしっかりしているスウェット。いいですよね〜。

〈THE〉のスウェットは、その現代版。

1960年代に活躍した(つまり前述の古着と同じ!)、昔ながらの吊り編み機でゆっくり編まれたスウェットは、ガッシリしているのに柔らかく着心地がいいです。聞けば、糸も柔軟性を持たせた特殊なコットンを用いているとか。納得です。

新たな定番を生み出すことを目指している〈THE〉のウェアだけに、シルエットはあくまでベーシック。生地と同じく、何十年経っても飽きないであろう普遍的なカタチになっています。

ジャストで着てもいいし、今ならワンサイズ上でざっくり着るのも気分(下の写真はワンサイズ上で着ています)。

年齢も性別も関係なくオススメできる、これぞ“THE Sweat”ですね。

色はグレーとネイビー。それぞれ、ジップアップのフーディーとクルーネックがラインナップされています。

公式オンラインショップで購入可能です。

©2017 TABI LABO
©2017 TABI LABO
©2017 TABI LABO
©2017 TABI LABO
andmore
他の記事を見る
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
10年先まで使用することができるカレンダー「Decade Planner」。2028年まで使えるから、日々の予定だけじゃなく、先々の長期の計画や10年後に...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
ハーフパンツに合わせたり、涼しい夜はガバッとTシャツの上に着たり。
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
米・マサチューセッツ工科大学(以下MIT)が、誰でも無料で単位が取得できるオンライン講座を開始しました。世界中どこにいてもMITの単位が取れる授業スタート...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
ただただ「複雑」なわけじゃないんです。
「有害な人間は、あなたから多くの時間とエネルギーを奪う。さらに、不必要に物事を複雑化し、争いをも生み出すのです」そう警鐘を鳴らすのは、「TalentSma...
「別れ」という事実を受け入れるだけでも、相当辛いのに。
年の離れた兄弟の絆は独特のもの。親子とも違うし、年の近い兄弟とも違う…そんな不思議な関係について、自身も7歳半離れた妹を持つNikhita Mahtani...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
10年後、培養肉のイメージが一変しているかもしれません。
今の恋人と、9年間もの時間を共にしているMaryさん。彼女のイラストには、2人のささやかで幸せな日常が描かれている。長く一緒にいるからこその景色、ほんわか...
もし付き合った相手が、あまりにも心配性だったら?不安を抱えること自体悪いわけではありませんが、時にはあなたを疲れさせてしまうかも。「Higher Pers...