自立した女性と付き合うなら、知っておきたい10のこと

日常生活の中で、「なんか強そう。苦手かも」と思う女性はいますか?なにを考えているか読めなくて、接し方もわからないから、自然と距離を置いてしまう…そんな相手。

女性の社会進出も増えている今だからこそ、紹介したい記事があります。「Elite Daily」で公開されている、ミレニアル世代の女性を対象にしたメディア「Unwritten」の記事、「自立した女性と付き合う前に心得ておきたい10のこと」。

これを読めば、あなたが感じている日々のモヤモヤを解消できるかもしれません。

01. 
「面倒くさい女子」とは
正反対

付き合っている人がいても、一日中彼にベッタリしていなくて大丈夫。たまには1人でいたいし、友達と出かける時間も欲しい。それに、家でゆっくり映画を観ていたい時もある。でもだからといって、彼や2人の関係に不満があるわけじゃない。ただ自分の時間を持ちたいだけ。

02.
ゲームのような恋愛には
興味がない

興味があるのに「ないフリ」をしたり、追ったと思えば追われてみたり…。そんな風に、いつまでもお互いのことを探り合うようなことはしない。まったく意味のないことだし、最初だけ良くてあとは放置するような人にも、興味がない。

03.
改善・進展しない恋には
「さようなら」

もし彼に雑に扱われようものなら、そんなのはすぐにわかってしまう。だからといって、すぐにどうってわけではないけれど、もし嫌なことがあってもそれが改善されないなら、ズルズルいかず、他に良い人を見つけるという選択肢がある。

04.
できることはやって
うまくいかなければ手放す

誰かと付き合っている時は、関係性がうまくいくようにもちろん努力する。それでももし、「もう興味はない」というような素振りを見せられたら、追いかけたりはしない。

できることをやったら前に進む。世の中に男性はひとりだけってわけではないし、あなたの考えを変えようとまではしないでしょう

05.
あなたなしでは生きていけない
…なんてことはない

彼氏は欲しいけど、絶対ってわけじゃない。

だって、一緒にいたいから付き合うわけで、強制されることではないと思うから。ただ、勘違いして欲しくないのは、1人が良いってわけじゃなくて、1人でも大丈夫ってこと。

06.
「男性のために自分を変える」
という選択肢はない

それでもやっぱり、自立しすぎている女性は苦手、という人もいるはず。そんな男性には「代わりに、依存するようなタイプがおすすめ」と伝えるべき。

なぜなら、その人を満足させるためだけに自分を変える、なんてことはしないから。

07.
耐えるよりも
コミュニケーションを

おかしいと思うことがあれば、ただそれを我慢し続けるなんてことはない。

言いたいことがあれば伝えるし、もしそれでも、自分が嫌な思いをし続けることがあれば、そのままでいるより別れを選ぶ。

08.
ありのままを
受け入れて欲しいけど…

自立した女性が誰かに頼ろうとしないからといって、何か彼女たちに問題があるわけじゃない。それでもやっぱり苦手と言うのなら…もう打つ手はないわ。

むしろ、自立した女性が苦手な「男心」のほうを教えてもらいたい。

09.
良い時も悪い時も
正直に

誰かと付き合っていく上で、もし何かがうまくいってないと感じたら、気づかないふりをしたり抱え込んだりせず、正直に話す。

もうダメだと思えばその関係性を終わらせるし、その逆だってありうる。うまくいっていて、より良い関係に発展させたいと思えば、ストレートにそう伝える。

10.
相手にも
自立を求める

恋人同士が、パートナーと色んなことを共有するけれど、いつも一緒にいなきゃいけないってわけじゃない。彼にも友だちはいるし、趣味だってある。だからこそ、自分の時間を大事にしてもらいたい。

彼女抜きで何かをしたからといって、罪悪感を感じないで欲しい。

Licensed material used with permission by Elite Daily
他の記事を見る
愛してくれる誰かが近くにいると、困った時にすぐ頼ってしまう。相手との付き合いが長いほど、努力しないとダメだと思いながらも甘えちゃう。でも、そのままでは、い...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
性格や行動パターンをおさえながら、B型女性の恋愛傾向に関する主な特徴をまとめて紹介していきましょう。もちろん、すべてのB型女性に当てはまらないかもしれませ...
本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
「Collective Evolution」でライターのMark DeNicola氏が、今の恋人とこれからも付き合っていくべき8つのサインを紹介しています...
恋人が、もしもあなたと正反対の性格だったら?「みんな、1度は自分とは真逆の人と付き合ってみるべき」と主張するのは「Elite Daily」の恋愛ライター、...
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
恋愛から疎遠になるほど付き合いにくい女性が増える、とは「Elite Daily」に寄せたライターAlexa Mellardoさんの主張。彼女のアドバイス「...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
もしかしたら、ちょっとフクザツな性格という印象があるかもしれません。ここでは、AB型であり、かつ次男でもある男性の恋愛傾向を探ります!01.慎重に行動する...
「遠距離恋愛」と聞くと、なかなかうまくいかないというイメージがあるかもしれません。でも「Elite Daily」の女性ライターMichelle Dang ...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...
相手に対する強い「警戒心」は、ときに誠実さの象徴にもなります。彼女たちは簡単に人を信用しない代わりに、その感性は正しく、美しいことが多いのです。そう語るの...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
意中の男子はAB型?もしそうなら、まずはその特徴からチェックしてみて。1.あっさりした恋愛が好み常に冷静で落ち着いたスタイル。ドラマティックな激しい恋愛は...