あなたの周りにいる「気難しい人7タイプ」。彼らとは、こうしてコミュケーションを取るべし

社会の一員として、他者と上手くコミュケーションをとる能力の重要性は言わずもがな。とはいえ、異なる価値観や性格の人たちと付き合うことは、決して簡単なことではありませんよね。

そういう意味では、ここで紹介する「Amerikanki」の記事は、すべての社会人必読かもしれません。ライターEkaterina氏が、各タイプごとに巧みな世渡り術を解説しています。

01.
超内気で無表情なタイプ

感情を表に出さない人が考えていることを理解するのは、本当に難しいこと。このタイプの人と理解しあうには、決して相手を疑ってはいけません。好きな有名人や今後の目標など軽い会話をしながら信頼を得る事ができれば、打ち解けられるかもしれません。

02.
慢性的にネガティブなタイプ

ネガティブな人との“共通言語”を知りたいなら、無視したり見えない壁を作ってしまうのは禁物。反対に、傷ついた心を癒し、相手が抱えている迷宮入りのような問題を違った角度から見ることが出来るようにしてあげてください。難しいことですが、これが一番の接し方なのです。

03.
気分屋なタイプ

特別な理由などなく、気分が変わり続ける人。それは決して精神的な異常などではなく、その人独特の“心のあり方”なのです。こんなタイプの人と真面目な会話をするときや、何か頼みごとをするときは、取るに足らない挨拶抜きで要点をストレートに伝えましょう。もし他愛のない話のせいで気分が変わってしまったら、全部ダメになってしまいますから。

04.
支配者タイプ

このタイプの人はどこにでもいます。他者の生活をかき乱すことなんてお構いなし。あらゆる手を使って、自分の目的を達成するのです。あなたのその優しさは、感謝されるどころか相手の都合の良いように利用されてしまうので、余計な気遣いは不要。

05.
自己中タイプ

何もかも自分を中心に物事を考え、安心と注目を得ることがすべての動機。このタイプの人は、なかなか他人の皮肉や反感に気づかないことがあります。こうした人の力を借りたいときは、“奥の手”である「お世辞」に頼ってみてはいかがでしょうか。

06.
シャイで内向的なタイプ

幼少時にかなり甘やかされた人は、こうしたタイプになりがち。親が何から何までやってくれたため、しばしば支配的になってしまうのです。コミュニケーションを取る必要があるなら、あまり厳しい態度を取ってはいけません。しかし、逆に巧みに操られてしまわないよう気を付ける必要も。

07.
怒りっぽい、
ファイタータイプ

このタイプと付き合わなければいけない時は、どんなにイライラしても出来るだけ丁寧に、フレンドリーに対応しましょう。すぐ感情的になるような上司を持った場合は、機敏に対応できるように気を付けておく必要があります。ただし、あなたの自尊心を傷つけてしまうことになりかねないので、プライドは捨てずに保っておくように。

Licensed material used with permission by Amerikanki
他の記事を見る
人によって性格はまったく異なるので、一緒に仕事をしているとどうしても衝突する場面って出てきますよね。あの人はどうしてあんな考え方をするんだろう、と思うこと...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
「Thought Catalog」に掲載されたライターのEmily Church氏の記事を紹介しましょう。彼女は、スマホの電話帳に載っている友だちの数は幸...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
「Elite Daily」で紹介された記事を読むと、心理学的にいうと、タイプAとタイプBと性格別で分けたとき、タイプAの人は、仕事熱心で出世欲が強いとされ...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
「ハンドルを握らせると、まるで別人格」なんて話がありますが、ここでは豹変するドライバーたちの手に着目した記事を紹介します。「Little Things」ラ...
いつでもどこでも集まれる、安定の仲良しグループを思い出してください。週のどこかで、特にワケもなく自然と集まっちゃうあのグループです。その中のあなたの「位置...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
人は何事も、失敗しながら上手になるもの。それは恋愛だって同じです。まだまだ取り返しのつく20代だからこそ、いろいろな男性と付き合ってみてはいかがでしょうか...
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
スマートな男性いわく「男の価値が付き合う人間によって判断されるなら、私は世界で最も裕福な男だ」と。それくらい、あなたの周りにいる人の存在は貴重なものなんで...
くだらないことで笑い合ったり、つらいときはそばにいてくれたり、そんな「親友」と呼べる存在はかけがえのないものです。しかし、友だちにはさまざまなタイプがいま...
職場の気難しい上司、クレームが多い常連のお客様…。誰しも話しかけづらい人、話しかけるのに気が重い人はいますよね。しかし、仕事とあればそうも言ってはいられま...
職場にいる"有害人物"とは、そこそこの業績を出しつつも、自分が優位になるよう静かに周りを洗脳していくタイプ。流されやすい人は、いまにも彼らの毒に染まってい...
恋人が、もしもあなたと正反対の性格だったら?「みんな、1度は自分とは真逆の人と付き合ってみるべき」と主張するのは「Elite Daily」の恋愛ライター、...
人間関係において多くの人が苦手意識を感じるのが「威圧感のある人」ではないでしょうか。上司、先輩、お客様。日常的に関わらざるを得ない「威圧感のある人」にはど...
現在、世界人口は70億人以上。こんなに多くの人々が住む地球上で、国も違えば文化や人種も違うけれど、人間を2タイプにわけることができるのではないかとDavi...