女の子の仲良しグループに必ずいる5つのタイプを大解剖。

いつでもどこでも集まれる、安定の仲良しグループを思い出してください。週のどこかで、特にワケもなく自然と集まっちゃうあのグループです。その中のあなたの「位置づけ」って、もうなんとなく定まりつつありますよね。「Elite Daily」のZoya Gervisさんが分類したグループ内の「5つのタイプ」のうち、あなたはどれに当てはまるでしょうか?

でも「私だ!」と思ったタイプと、友だちが「あなただ!」と思うタイプって意外と違ったりするかも。

01.
面倒見のいい
「お母さんタイプ」

6634355317276672

「お母さん」と聞いた瞬間、思い浮かぶ友だちがいるなら、その人は最も責任感が強いタイプです。

飲みに出かけているにも関わらず、みんなが無事家にたどり着けるよう「面倒を見る係」にまわるため、泥酔することはほぼなし。みんなが寝てしまったあとも吐き続ける子がいれば看病し、元カレとの別れに泣きじゃくる子には最高の助言までしてくれるでしょう。

どっしりと構えている彼女だからこそ、一緒にいるとなんだか安心できちゃうんです。友達がどんな判断を下しても偏見を抱かないし、とにかく情に厚い。どんなときでもあなたのために飛んできてくれる彼女は、お母さん同様、大事にしましょうね。

02.
やりたい放題の
「パーティガール」

パーティにはとにかく欠かせないのが、この子。

やりたいことを思うままにやってしまうのが玉にキズですが、どんちゃん騒ぎをして楽しむことが得意(たまにやりすぎなこともあるけれど)な彼女となら、楽しい夜は保証済みです。

常にテンションが高いこのタイプなら、パジャマで映画鑑賞、とリラックスモードなあなたを家から引きずり出すことだってちょろいもの。一緒にいて最高に楽しいのは間違いありませんが、内気な人は彼女からエネルギーを吸い取られてヘトヘト…というのも本音かも。

ただし、一生忘れないワイルドな一夜を過ごしたいのなら、彼女に身を任せれば間違いありません。

03.
いつまでも彼氏ができない
「内気なシングルガール」

5555715284402176

仲良しグループのみんなに彼氏がいても、なぜか決まってシングルでい続ける彼女。

その原因は、内向的であることが大きいのかも。だってこのタイプは家で海外ドラマをひたすら観るのが大好きだし、「なんであなたみたいな子がまだシングルなの?」「紹介したい人がいるの!」なんて場面に遭遇しないように、社交の場にはほとんど出ていきません。

でもシングルだからといって、メソメソしているわけでもないんです。飲みの席では「パーティガール」のごとく、ちゃっかり楽しんでいるはず。

04.
勉強が大好きな
「知性派」

将来、会社の優秀な幹部になるのは、間違いなくこの子。

なんせ彼女の学生時代は図書館に引きこもってお勉強、周囲にも「宿題に取りかかるのを後回しにしないようにね」なんて訴え続けてきたタイプ。必ず物事を完遂する自信が備わっている彼女には「できない」の4文字は存在しないと思っていいでしょう。このタイプと自分を比較するとガックリ…なんてこともしばしば。

ですが彼女は、自分の成功を共有しながらも周りをちゃんと応援してくれるから、決して妬まれることはないのです。

05.
誰にでも優しい
「天使のような存在」

4516455404011520

出会った当初は、優しすぎて猫をかぶっているのではないか、と疑ったことでしょう。でも仲を深めていくと「ただ純粋に優しいのだ」とわかります。

だってその優しさは、道ですれ違った赤の他人にすら「優しいわね」と褒められるほど。常に優しさを振りまく彼女に「悪い日」なんて存在しません。友だちの悩みには親身に耳を傾け、まるで自分の任務かのように大きな責任感を持ち、最適なアドバイスを考え抜いてくれます。

仲良しグループでの立ち位置は、いわば仲裁人。陰口を叩いたり、周りの気分を損ねたりしないこのタイプは、みんなが平和に過ごせるよう日々努めてくれます。彼女から「思いやり」を学ぶことで、「私が悪かったかも」と自分の非も認められるようになったはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「Elite Daily」で紹介された記事を読むと、心理学的にいうと、タイプAとタイプBと性格別で分けたとき、タイプAの人は、仕事熱心で出世欲が強いとされ...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
同じ屋根の下で、いいときも悪い時も一緒に乗り越えてきた「姉妹」。それは心底大好きで、何をしても最終的には許し合えちゃう、かけがえのない存在。Tessa H...
結婚式の準備もワクワクするけれど、独身最後は女同士で思いっきり羽目を外して騒ぎたい!と思ったブラジルのRebecaさん。けどコンピューターエンジニアである...
社会の一員として、他者と上手くコミュケーションをとる能力の重要性は言わずもがな。とはいえ、異なる価値観や性格の人たちと付き合うことは、決して簡単なことでは...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
日本でも『LINE』などでグループチャット機能を使っている人は多いと思います。中国でもグループチャットは盛んで、仕事でも当たり前に使われています。
人生、可能性は無限大かもしれませんが、たとえば時間に関しては有限です。でもその限りある時間を、望まない付き合いに費やしてしまっていませんか?「Inc.co...
「頭がいい人」というと、数学が得意な人や語学が堪能な人を思い浮かべるかもしれません。しかし、Mark Vital氏が「Funders and Founde...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「良い人であること」なんて、最低条件にすぎない。決定要因となるのは、その他にどんな魅力があるか。魅力的かつ、優しい男性を見つける選択をできるってことを忘れ...
友情を実感できる要素を、端的にまとめたのがこの記事です。親友、心の友、大の仲良し、腐れ縁。あなたの人生から切っても切り離せない「友達」。家族よりも恋人より...
自分の思ったことをなかなか言えない内向的な性格。内気な性格の方の中には、自分の意見をまっすぐに言える人のことをうらやましく思ったことがある方も少なくないで...
何かと厄介なオンナ対オンナ。対立的だったり、繊細だったり、気分の浮き沈みが激しかったり…。もちろん一緒にいて楽しいこともたくさんありますが、女子が群れてひ...
くだらないことで笑い合ったり、つらいときはそばにいてくれたり、そんな「親友」と呼べる存在はかけがえのないものです。しかし、友だちにはさまざまなタイプがいま...
高校時代、クラスのリーダー格や目立つグループに属していなかった地味めな女の子。そんなあの子が卒業後にとんでもない美人になっていたり、誰もが驚くような成功を...
仕事、プライベート、人間関係など、30代は人生における大きな決断をすることが多い年代です。中でも35歳は人生のターニングポイントであり、人生戦略を見直すべ...
友達ならたくさんいるというあなた。その中に親友と呼べる人はいますか? そもそも親友と友達の違いはどこにあるのでしょうか?ここで紹介するのは。友達と親友の間...