「ただの恋」か「本物の愛」か。判断するための3つのモノサシ。

話していると楽しいし、一緒にいるとドキドキして、こんな出会いはなかなかない。付き合いはじめてから紆余曲折はあるけれど、彼とは愛し合っている。と、あなたがもし思っているとしたらちょっと待って。

恋愛に関する数々の記事を書いてきた「Elite Daily」のライター、Caitlyn Luce Christensenさんが、相手に熱をあげているだけでは「愛ではない」と断言している。これから紹介する3つを軸にして、彼との関係がただの「恋」か本物の「愛」か、確かめてみて。

01.
「安心感」がある

D73e9efd4758babcff3f7f68ba1bb19830f4d5af

愛には安心感が備わっている。あなたを不安にさせるような関係であれば、愛ではないということ。

まずは自分自身をよく知ること。安心感を得るには何が必要で、どうすれば感じることができるかを、自分で把握できるようになるから。

もし今の関係がホンモノならば、あなたとパートナーは互いに相手の“境界線”を尊重し合うことができるはず。だって、それは相手が必要とするものだから。どちらかが我慢しなければいけないなんてことはない。

02.
忙しい生活の中でも
一緒に成長できる

Eec742f5a740ba6f08fdde41243282dd12796b52

パートナーとしっかり愛を分かち合えているならば、何かあれば相手はいつも耳を傾けてくれるとあなたはわかっているはず。頑張って聞いてもらおうと、こちらが努力する必要はないの。

問題があれば、話を聞いて一緒に解決してくれるはず。彼はあなたといることを、そもそも楽しんでいるからよ。互いにちゃんと相手への感心があるってこと。

仕事、学校、私生活が忙しければ、相手と向き合うことが減り、他の事に気をとられるかもしれないけれど、2人共、相手の元へ戻ってくるはず。愛があれば一緒に成長することができるから。

03.
相手を尊重し
付き合いが「安定」

F4385ee7cf4218a4568a8514f748903980d6f91a

愛には安心や安定といった感情がともなう。別れやパートナーの心変わりを心配することはない。相手が街から離れる時は、寂しいかもしれないけれど、応援してあげることができる。もっと経験を積んで欲しいと、相手の立場で考えることができるから。

疑いや独占欲がなく、バランスのとれた関係。彼が友人と遊びに行こうが大丈夫。だって、かりにジェラシーを感じることがあれば、それについて話し合うことができるから。

安定しているということは、相手のニーズを互いに満たすことでもあるわ。お腹が空いていればどちらかが作り、お礼にもう一方は、掃除をしたり気持ちの面でケアすることができるはず。これは、相手に期待するからこそ起こるというわけではなく、互いにギブしようとするからできること。このような関係だと、平等だと感じることもできるの。

Licensed material used with permission by Elite Daily
思えば海外のこういったコンテンツって、そのほとんどが女性目線。そういう意味でも男性的視点からの恋バナはちょっと気になるところ。「彼らの失敗から学ぼう」なん...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
「本当に成功したカップルというのは、同じ人に、何度も恋に落ちるものだ」最初はラブラブだったはずなのに、だんだん「ときめき」がなくなり…という悲しいパターン...
「Elite Daily」のパートナーとの関係が終わっていることを示す4つのサインを読めば、見て見ぬフリをしてきた“恋の結末”と向き合う勇気が湧いてくるか...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
いくら愛しい人でも、一緒にいる時間が長くなればマンネリ化してしまうもの。ロマンチックな関係というよりは、ただの空気のように感じられてきてしまうことも。でも...
明日はホワイトデーだから、プレゼントもずっと前から用意している。そんな男性は、素敵だと思う。ただ、そのプレゼント本当に大丈夫?女性たちの生の声、集めました...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
恋愛から疎遠になるほど付き合いにくい女性が増える、とは「Elite Daily」に寄せたライターAlexa Mellardoさんの主張。彼女のアドバイス「...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。職場でテキパキと仕事をこなしていたり、メールやLINEの返事がシンプルだったり、合コンでも媚びていなか...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
たとえ二人が一緒に過ごしていても、その理由が「愛」か「執着」かでは大きな違いがあるもの。でもコレって、自分ではどちらなのか判断しにくいですよね。そこで、大...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
恋愛関係が長くなると、本音で語りあうことは増えたけど、だからこそコミュニケーションが難しくなってしまった。なんてこともあります。お互いに好きなはずなのに、...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
彼女が綴った「恋愛で真剣な関係になろうとしない人の4つの理由」は、辛い恋愛をしている人が心の整理をするのにピッタリの内容だと思います。「何よりも大切なのは...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントとして活躍する清家三佳子さん共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)...