男女関係「3つの誤解」。意外と気にしているのは男性の方?

あくまで、アメリカにおける20代、30代の恋愛観を前提にした、こちらの記事。ですが、ライターPhoebe Parsons氏が主張する通り、恋愛においてあれこれ細かいことを気にしてくるのって男性の方だったり。

そこには男女間にはびこる「誤解」があるから、というのが彼女の意見。大きく分けて3つの誤解。これを紐解いていくと、もっといい関係になれるとか。

日本の恋愛の方が、よっぽどオトナだなというのが率直な感想です。

お互いに理解できない?
まずは誤解を解くことから

「男の気持ちがわかる日なんて一生こない」、こう言い切る女友だちがいます。でも、これは男性だけが悪い訳ではありません。世の多くの女性が、恋愛において男性よりも妥協したり、受け入れようとしたり、自分に責任があるというように感じる傾向があるということ。でも、結局のところ恋愛って二人でするもの。

男女間のギャップを埋める努力として、唯一有効だと考えられるは、お互いの誤解を大きくしないこと。この誤解を解くための現実的な話をしていきたいと思います。男性の皆さん、これが女性の本音です。

01.
だらしないボディは、そもそも
「サ・ヨ・ウ・ナ・ラ」

世の女性がみんな『マジック・マイク』主演のチャニング・テイタムのような、鋼のボディを求めている訳ではありません。丸々のビール腹を何の恥ずかしげもなく見せびらかしている男性がたまにいますが、なぜかそのお腹にセクシーさを感じるときもあったりすのです。

同様に、男性もすべての女性がヴィクトリア・シークレットのショーに登場するモデルのようなパーフェクトボディばかりを求めている訳ではないでしょ?チーズが擦りおろせるような、ムキムキの6パックを期待してなんかいません。どれだけベンチプレスで持ち上げられようが、筋肉量が増えようが、知ったこっちゃないのです。

では、私たち女性は男性の何を気にしているか?それは体型も含めて、自分に自信を持っているかどうか。ウェイトトレーニングなんかじゃ決して鍛え上げることなんてできない、男としての「誇り」なのです。

02.
仕事や収入って、結構重要

未だにこの時代遅れな勘違いが蔓延してしまっている現実。女性にモテるためには、高収入であることが大前提、なんて本当にバカげている話。今の時代、女性だって食べる分くらい自分で稼ぎます。しあわせに生きていける分くらいは、自分でまかなうのです。

収入よりも気にすべきことは、仕事内容が何であれその仕事に情熱を注ぎ、打ちこめているのかということでしょ?彼が自分で選んだ仕事に誇りを持って頑張っているのであれば、女性は職種や収入なんて本来気にしはしないものです。

03.
お洒落で雰囲気のいい
ワインが揃う店が好き

もちろん、女性ならばたまにはお洒落なドレスを着て、雰囲気のいいレストランに連れて行ってもらいたいなっていう願望はあります。けれど、それが女性の日常だと思わないでください。

そもそもデートって、お互いをよく知るためのもの。正直に言ってしまえば、過度に“オトナ”を演出され、素敵なレストランで食事をしたとしても、相手のことをどれだけ知ることができるでしょう。それよりよっぽど、その人らしくて、斬新で、個性的なアプローチの方が自分を相手に印象付けることができるはずです。結局、自分らしさを出すデートの方が、二人ともに楽しめるはずだから。

そう、デートってお互いにWin-Winであるべき。相手を楽しませよう、純粋にその気持ちがそこにあれば、別に缶ビールを片手にお散歩だっていいし、顔なじみの飲み屋だっていいんです。そっちの方がよっぽど、二人の個性が化学反応を起こしたり、つながりをギュッと感じたりもできるはずだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
男女の違いがあるとよく言いますが、果たして私たちはその男女の性別の違いをどこまで理解できているのでしょうか。男女の違いや平均値などをざっくりとまとめた動画...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
年下の彼氏との恋愛はかわいいけれど、色々と小さなことが気になるものです。「彼は本当に私の年を気にしてないの?」「彼と同年代の子に負けてない?」「お会計は割...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
彼女が綴った「恋愛で真剣な関係になろうとしない人の4つの理由」は、辛い恋愛をしている人が心の整理をするのにピッタリの内容だと思います。「何よりも大切なのは...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
恋人との関係が「落ち着いてきた」ということと「停滞してきた」ということって、似て非なるもの。後者のほうがピンとくるあなたは、関係をよくしようとする「努力」...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
まずは、「この7つ」を自問自答してみてください。
長い間会えない状況が続く遠距離恋愛。デートにも行けない中で恋愛関係を続けていくにはどうしたら良いのか、お悩みの方もいるのでは。多くの人が悩むポイントは、「...
カーネーギーメロン大学の心理学者の教授、Brooke Feeney氏による研究でサポートや応援してくれるパートナーを持つ人は仕事で成功することがわかりまし...
「一見良いようで実は害がある関係」や「ダメ男」と付き合ってしまっていない?特に、その特徴は些細な行動として表れるもの。でも、この5つの特徴を頭に入れておけ...
今から20年以上前に、特別な愛情関係における男女2人は、どのカップル(夫婦)も同様に、3つのステージを辿っている。ということを見つけ出したのが、専門家であ...