「一夜限りの関係」の後、自分自身に問いたい6つのこと

その場では一夜限りだと了解の上で関係を持っても、後になって複雑な気持ちになってしまうことは、女性なら割とよくあることではないでしょうか。そんなとき、自分自身に6つの質問を問いかけて、一夜限りの関係について気持ちの整理をしてみましょう。

1. 一夜限りのセックスから得たものは?

一夜限りのセックス

一夜限りの関係では、親密な愛情の交換というセックスの一番の利点は望めませんが、その他にもいろいろな利点があるはずです。

その夜の(夜でない場合もあるかもしれませんが)セックスを楽しめたか、素敵なエネルギーをもらえたか、いい女度が上がったか。また、新しい人とひとつ新しい経験を重ねたわけですから、新鮮な発見があるかもしれません。

一夜限りの関係から何を得られたか考えることで、それを素敵な体験として昇華できます。この自問作業をしないと、後悔やうしろめたさなど、ネガティブ思考に陥りやすくなるので注意。

2. 相手の選択に失敗はなかった?

一夜限りの関係の最大の利点は、好みのタイプと気持ちが盛り上がったときにセックスができることです。

逆に言うと、それ以外のシチュエーションで一夜限りの関係を持つのは、完全なる無駄打ちではないでしょうか? 普段なら見向きもしないような男性と一夜限りの関係を持ってしまうのは、自分を安売りしているようなもの。相手が自分の一夜にふさわしい人だったか、じっくり検証してみましょう。

また、職場でよく顔を合わせる同僚や、共通の知り合いが多い人と一夜限りの関係を持ってしまうと、後腐れが出てくる可能性が大きいです。この点でもぬかりがなかったか振り返ってみましょう。

3. 病気・避妊対策は万全だった?

病気

一夜限りの関係で病気をうつされたり、妊娠してしまったら、悲劇以外の何者でもありません。一夜限りの関係を楽しむためには、健康上のリスクへの対策を完ぺきにする必要があります。

お酒やその場の勢いでコンドームを使わなかったり、危険な行為をしたりしなかったか? 翌日になっていろいろ思い返すのは怖いものですが、しっかり確認して何か不安な点があればすぐに対処しましょう。

4. 相手にいい印象を残せた?

「旅の恥は掻き捨て」という言葉がありますが、一夜限りの関係にも似たような考え方を持ち込んでいませんか?

ムダ毛の処理が甘いけど、運動不足でお腹が出てるけど一夜限りの相手だからまあいいか。そんな「一夜の恥は掻き捨て」という態度でセックスするのは、自分の女度を下げてしまうことになるので避けたいものです。

一夜限りの関係でも、相手に「素敵な人とセックスできたな」という印象を残せれば、自分の恋愛力アップにも繋がること間違いなしです。ですから、一夜限りの関係の後には、自分が相手にいい印象を残せたかもチェックしてみましょう。

5. 一夜限りの関係にその後の展開はありえる?

恋愛関係

一夜限りの関係でとても相性が良かった場合、一夜限りでいいのか? と自問することもあるでしょう。その際は、相手も同じように考えているか確かめる必要があります。

嬉しいことに相手も「一回限りではもったいない」と考えていた場合、セックスフレンドになるのか、彼氏彼女としての交際をスタートするのか、という難しい選択を迫られます。

セックスの相性だけがよく、人間的にはそれほど惹かれ合っていない場合はセックスフレンドになる確率が高いでしょう。少し時間をかけて人間性を知ってから交際するかどうか決める、という手もあります。

6. そもそも自分は、一夜限りの関係に向いている?

そもそもの話、一夜限りの関係に向いている女性と、向いていない女性がいます。一夜限りの関係に向いている女性は、自分に女性としての自信があり、セックスだけの関係と本当の恋愛をきっぱり分けて考えることができます。男性的な恋愛観の持ち主、と言い換えることもできます。

一方、一夜限りの関係に向いていないのは、セックスすると相手のことを好きになってしまう女性。タイプの人とセックスすれば、好きになってしまうのも仕方がない話ですが、男性が一夜限りの女性との交際を考えることは少ないと承知しておかないと、痛い目を見ます。

一夜限りの関係のあと、セックスの相性がバツグンだったわけでもないのに、相手についていろいろと考えてしまうという人は、「わたしは一夜限りの関係に向いていないのでは?」と自問した方がよさそうです。

一夜限りの関係は悪いことではありません。けれどそれをどう消化し昇華するかで、自分の中での位置づけがまったく変わってきてしまいます。そのため一夜限りの関係の後には、以上のポイントを踏まえて自己反省会をしてみてくださいね。

最近、アメリカのメディアを中心にカルチャー化しつつある、「カジュアルセックス」という表現。“一夜限りの関係”とも"愛のないセックス”といった、負のイメージ...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
あくまで、アメリカにおける20代、30代の恋愛観を前提にした、こちらの記事。ですが、ライターPhoebe Parsons氏が主張する通り、恋愛においてあれ...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。そんなとき、つい「イったふり」をしたこと...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
男女の違いがあるとよく言いますが、果たして私たちはその男女の性別の違いをどこまで理解できているのでしょうか。男女の違いや平均値などをざっくりとまとめた動画...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
カーネーギーメロン大学の心理学者の教授、Brooke Feeney氏による研究でサポートや応援してくれるパートナーを持つ人は仕事で成功することがわかりまし...
街コンやマッチングアプリ、SNS。異性と出会う方法は昔と比べて随分と「お手軽」になってきました。にも関わらず、恋愛から遠のいている男女が増えている、と主張...
好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここで...
恋人との関係が「落ち着いてきた」ということと「停滞してきた」ということって、似て非なるもの。後者のほうがピンとくるあなたは、関係をよくしようとする「努力」...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
お互い好きで、告白して、付き合ってからセックスするのが正しい道筋。世間一般の意見で言えば、そうかもしれない。けれど、順番通りになんて行かないのもまた「恋愛...
恋愛コラムを多数掲載している「Elite Daily」で、またまた面白そうな記事を見つけました。「今だけ」じゃなくて「将来」、一緒にいたいと思える男性の特...