閉館後の美術館でインスタグラマーが大暴れ。#emptyってナンダ?

六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、大きな話題となっています。

ではここで質問、以下のビジュアルどこかで見覚えがありませんか?

一夜限り!
「空っぽの美術館」で撮影会

見たことある!という人、その投稿には「#emptymoriartmuseum」とハッシュタグが付いているはず。じつはこれ、去る4月25日に、森美術館とインスタグラマーがコラボした、一夜限りのイベント「#empty」で撮影されたもの。ちなみに写真は、6万5千人を超えるフォロワーを抱えるインスタグラマーkenta_soyoungさんの投稿でした。

閉館後、空っぽになった美術館で自由に撮影を楽しむことができる。#emptyのタグで海外の美術館で2013年よりスタートし、メトロポリタン美術館や、ルーブル美術館でも実施された人気企画だそう。

「拡散」前提、撮影OK!
でも、ホンモノはここにしかない

美術館をはじめ多くの博物館では、作品の撮影を厳しく禁止するルールがあるなかで、あえて撮影を許可し、SNSによる拡散もよしとする。考えようによっては、ものすごくチャレンジングな試みにも聞こえますが、今展のアーティストN.S.ハルシャは、告知のビラを配るのもSNSで拡散されることも同じという考えの持ち主。

けれどもちろん、そこには画面の中だけで作品を解釈することはできない、という真意も込められているようです。

「アーティストである以上、会場へと足を運び、体感してもらうことが何よりのよろこびです。リアルこそ、人の心を震わせるものだからね」。

実際にその場を訪れ、作品の中へと入り込み、あえて体験したくなる空間をつくりあげた展示も、#emptyという手法でアートの楽しみ方を伝える方法だったのではないでしょうか。

作品とのコラボを楽しもう

閉館後の撮影会というイベントは一夜限りでしたが、今展は常時撮影OK、だれでも自由に作品と一体化して楽しんだり、その様子を投稿することもできるということ。

完成されたアーティスト作品を鑑賞するだけが、美術館の役目ではないのかもしれない。作品にとけ込むように、時間を忘れて鑑賞したり、ユニークな見せ方にアーティストや美術館側もチャレンジしていく、現代アートは絶えず進化を続けているんですね。

【展覧会概要】
N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-
期間:6月11日(日)まで
時間:10:00〜22:00(火曜日は17:00まで)
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
入館料:一般1,800円

Licensed material used with permission by N.S.ハルシャ展, xiaoz23, kenta_soyoung, kuri_hibi
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
来年4月22日(木)より、70代以上の女性アーティストに注目した「アナザーエナジー展」が東京・六本木の「森美術館」で開催される。
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
2023年にオープン予定のベイルートの美術館「Beirut Museum of Art」。ポイントはなんといってもその独創的な外観。70ものバルコニーから...
オンライン美術館の常識を変える「VOMA」が8月14日オープン。作品の展示だけでなく、外観や内装など美術館というハコもバーチャルで作り出した。「オルセー美...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました。弥生美術館・竹久夢二美術館に併設されているカフェ、夢二カ...
「おやつ」をテーマにしたイベント「ほぼ日のおやつ展。」が、渋谷PARCO8Fのギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、1月16日〜31日まで開催。出店するのは...
5月にセーヌ川にオープン予定の美術館があります。その名も「Fluctuart」。入館は無料で、年中開館することになるんだとか。屋根の上からはグラン・パレを...
2200の建築パーツと6000以上のアート作品を自由に組み合わせて、オリジナルの美術館が作れるオンラインゲームが誕生。
日本初「ピーター・ドイグ展」が「東京国立近代美術館」で開催。会期は2月26日〜6月14日まで。彼の世界観を体感できる貴重な機会です。
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
アプリ『Google Arts & Culture』に新しく追加された機能を紹介します。それは自分の顔に似た肖像画を自動でピックアップしてくれるというもの。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
ロサンゼルスに拠点を置く「ゲティ美術館」が“家の中にある3つのアイテムを使って芸術作品を真似する”企画をおこない話題に。「#betweenartandqu...
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
Googleが提供しているオンラインでの美術鑑賞サイト「Google Arts&Culture」。「MoMA」や「オルセー美術館」などを含んだ世界各国にあ...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...