閉館後の美術館でインスタグラマーが大暴れ。#emptyってナンダ?

六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、大きな話題となっています。

ではここで質問、以下のビジュアルどこかで見覚えがありませんか?

一夜限り!
「空っぽの美術館」で撮影会

見たことある!という人、その投稿には「#emptymoriartmuseum」とハッシュタグが付いているはず。じつはこれ、去る4月25日に、森美術館とインスタグラマーがコラボした、一夜限りのイベント「#empty」で撮影されたもの。ちなみに写真は、6万5千人を超えるフォロワーを抱えるインスタグラマーkenta_soyoungさんの投稿でした。

閉館後、空っぽになった美術館で自由に撮影を楽しむことができる。#emptyのタグで海外の美術館で2013年よりスタートし、メトロポリタン美術館や、ルーブル美術館でも実施された人気企画だそう。

「拡散」前提、撮影OK!
でも、ホンモノはここにしかない

美術館をはじめ多くの博物館では、作品の撮影を厳しく禁止するルールがあるなかで、あえて撮影を許可し、SNSによる拡散もよしとする。考えようによっては、ものすごくチャレンジングな試みにも聞こえますが、今展のアーティストN.S.ハルシャは、告知のビラを配るのもSNSで拡散されることも同じという考えの持ち主。

けれどもちろん、そこには画面の中だけで作品を解釈することはできない、という真意も込められているようです。

「アーティストである以上、会場へと足を運び、体感してもらうことが何よりのよろこびです。リアルこそ、人の心を震わせるものだからね」。

実際にその場を訪れ、作品の中へと入り込み、あえて体験したくなる空間をつくりあげた展示も、#emptyという手法でアートの楽しみ方を伝える方法だったのではないでしょうか。

作品とのコラボを楽しもう

閉館後の撮影会というイベントは一夜限りでしたが、今展は常時撮影OK、だれでも自由に作品と一体化して楽しんだり、その様子を投稿することもできるということ。

完成されたアーティスト作品を鑑賞するだけが、美術館の役目ではないのかもしれない。作品にとけ込むように、時間を忘れて鑑賞したり、ユニークな見せ方にアーティストや美術館側もチャレンジしていく、現代アートは絶えず進化を続けているんですね。

【展覧会概要】
N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-
期間:6月11日(日)まで
時間:10:00〜22:00(火曜日は17:00まで)
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
入館料:一般1,800円

Licensed material used with permission by N.S.ハルシャ展, xiaoz23, kenta_soyoung, kuri_hibi
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
日本のレストランではまず出てこないこの味。決め手はハーブの違い。これを日本で再現するならば、ドクダミしかない!
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう。そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
美術館って、うとうとしてしまう。座った途端に「待ってました」と重くなる瞼に逆らうのは、至難の技だ。すやぁ……と、眠りに落ちる様子を捕らえるためだけに、美術...
美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多い...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
2015年10月2日に、連載開始65周年を迎えた『ピーナッツ』。同日にオープンした「PEANUTS Cafe」が大きな話題になりましたよね。そしてこのたび...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
インドと中国の間にあるブータン。経済的には決して豊かとは言えない国ですが、2005年の国勢調査では国民の97%が「私は幸せである」と答えています。現在、東...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...