「あつ森」でゴッホ作品が楽しめる!?「ゲティ美術館」が新機能を発表

米「J・ポール・ゲティ美術館」が「あつまれ どうぶつの森」に本物のアート作品を持ち出せる新機能「Animal Crossing Art Generator」をリリースした。

同機能は、ゲティ美術館が保有する数あるアート作品のなかから取り込みたい画像の検索ができ、それをゲーム内で使えるピクセルアートに変換、さらに取り込むためのQRまで作成してくれるとか。

また、デジタル化された画像などの手軽な運用を推進する「International Image Interoperability Framework(IIIF)」に登録されているものであれば、IIIFコードを使ってほかの美術館の作品を取り込むことも可能

どう森博物館長の“フータ”もさぞかしびっくりだろう。

ゲティ美術館の公式ブログによると、美術館運営メンバーのなかにも「どうぶつの森」のファンがいるらしく、バーチャル世界のお家でも素晴らしい芸術が楽しめるようにとはじめたプロジェクトなのだとか。

キャンバスに飾るだけでなく、さまざまな使い方ができるのも「どうぶつの森」ならでは。ゴッホの『アイリス』を洋服にしたり、モネの『印象・日の出』を村の旗にしたり、自由な発想でアートを楽しもう

© gettymuseum/Twitter

『Animal Crossing Art Generator』

【公式サイト】

https://experiments.getty.edu/ac-art-generator

Top image: © Getty
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事