「ひろしま美術館」の“ある作品”にゴッホが映り込んでいた!?

『ひまわり』『星月夜』で知られるオランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホは、約37点もの自画像を描いたことで知られている。

それらの作品はゴッホの作風の変化を感じるうえで重要な作品だが、じつはほかの芸術家によってゴッホが描かれた作品はわずかしか存在せず、非常に希少なのだとか。

そんなレアな作品が、この日本に存在するらしい

ゴッホだと思われる可能性がかなり高い人物が、ある作品に映り込んでいることが指摘されたのだ。

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 『ルイ13世風の椅子のリフレイン』(アリスティド・ブリュアンのキャバレーに て) 1886年 コンテ、油彩、紙 78.4×50.4cm ひろしま美術館蔵

ゴッホだと思わしき人物が描かれているのは、広島県広島市にある「ひろしま美術館」に所蔵されているアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの『ルイ13世風の椅子のリフレイン』(アリスティド・ブリュアンのキャバレーにて)という作品

作中の柱の左側、一番奥に描かれた黒い帽子を被った髭面の人物がゴッホである可能性が高いということを、「ゴッホ美術館」の主任研究員が提起したという。

ロートレックは社交的な人物として知られ、キャバレーでのナイトライフを楽しんでいたというが、そこにゴッホが登場しているという事実は、少し意外であるとのこと。

この発見により、気難しいイメージのゴッホもキャバレーの常連であった可能性が浮上したらしいのだが、はたして真相やいかに......。

Top image: アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 『ルイ13世風の椅子のリフレイン』(アリスティド・ブリュアンのキャバレーに て) 1886年 コンテ、油彩、紙 78.4×50.4cm ひろしま美術館蔵
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

オンライン美術館の常識を変える「VOMA」が8月14日オープン。作品の展示だけでなく、外観や内装など美術館というハコもバーチャルで作り出した。「オルセー美...
Googleが提供しているオンラインでの美術鑑賞サイト「Google Arts&Culture」。「MoMA」や「オルセー美術館」などを含んだ世界各国にあ...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
米「J・ポール・ゲティ美術館」が「あつまれ どうぶつの森」に本物のアート作品を持ち出せる新機能「Animal Crossing Art Generator...
4月15日(木)、「土屋鞄製造所」から、長く使える革のエコバッグ「レザーエコトート」の新色が発売。
ロサンゼルスに拠点を置く「ゲティ美術館」が“家の中にある3つのアイテムを使って芸術作品を真似する”企画をおこない話題に。「#betweenartandqu...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
2200の建築パーツと6000以上のアート作品を自由に組み合わせて、オリジナルの美術館が作れるオンラインゲームが誕生。
アプリ『Google Arts & Culture』に新しく追加された機能を紹介します。それは自分の顔に似た肖像画を自動でピックアップしてくれるというもの。
アトランタを代表する美術館、High Museum of ARTは館内で使える“マッチングアプリ”を開発。スマホ画面に展示中の作品が表示され「いいね」する...
平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している株式会社egggが、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」...
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
2023年にオープン予定のベイルートの美術館「Beirut Museum of Art」。ポイントはなんといってもその独創的な外観。70ものバルコニーから...
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
4月2日、「Google Arts&Culture」のアプリ版に新機能「Art Transfer」が追加された。Art Transferでは、その場で撮っ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
NYの代表的美術館「メトロポリタン美術館」が期間限定で新たなバーチャルギャラリーをオープン。ゴッホやレンブラントなど有名画家の作品も展示。

おすすめ記事

2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
単純に、「すごい」ってなるはず。
先日3日、米「Netflix」が新しいサービス「Fast Laughs」を発表した。公式アプリのひとつの機能として追加されたこのサービスは、「TikTok...
エドヴァルド・ムンクによる有名な絵画『叫び』のオリジナルバージョンには、左上に「狂人にしか描けない!」と鉛筆で書かれたメッセージが1904年に見つかってい...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...