著名アーティストが手掛けた「ロサンゼルス現代美術館」のマスクが豪華すぎる!

アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインした「アートマスク」を発売する。

参加したのはヴァージル・アブローアンディ・ウォーホル、さらにオノ・ヨーコなどの説明不要なアーティストに加えて、赤いボックスロゴで知られるバーバラ・クルーガーやビジュアルアーティストのピピロッティ・リストなど、個性豊かな現代アーティストらが名を連ねている。

マスク本体はコットン100%から作られた立体マスクで、内側にはフィルターを取り付けるポケットがあるとのこと。また、サージカルマスクのように上下に紐が付けられており、フィット感にも優れているのだとか。

マスクはすべてロサンゼルスで製造されたもので、オンラインストアを通して各28ドル(記事執筆時約2950円)で販売中。さらに、MOCAの限定マスクが付いてくる全10種類の特別セットも売り出されているようだ。

日本への配送も可能なので、アート好きな方はぜひこちらからチェックしてみてほしい。

ほかのマスクもチェック!