もしも、ゴッホが「ポップカルチャー」を描いたら…

ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。

当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、それから程なくして「夜のカフェテラス」というゴッホの絵が気に入って、アートプリントまで購入したっけ。さらには、オランダへと渡り、ゴッホ美術館にも足を運んだ。告白しよう、僕はゴッホのファンだ。

だから、正直これらの作品を見つけた時「ケシカラン!」と内心思った。だって、日本でもおなじみのキャラクターたちが、あのテイストを背景に描かれちゃってんだもの!

#1
スヌーピーとウッドストック

#2
カオナシ

#3
トトロ

#4
グレイトフル・デッドベア

#5
ビーバス&バットヘッド

#6
ポケモン

#7
マリオとヨッシー

#8
スポンジ・ボブ 

#9
くまのプーさんとピグレット

#10
バック・トゥ・ザ・フューチャー

#11
サウスパーク

#12
チャーリー・ブラウンとスヌーピー

一連のシリーズ作品は、アジャ・クシックというNY在住のアーティストによるもの。「いったいどんな人物だ」とリサーチしたところ、彼女の一貫したコンセプトに目が止まった。

曰く、ゴッホが見ていない世界は何かと考えることからスタートしこれらのスタイルを思いついたのだとか。要するに、アンタも僕と同じようにゴッホに影響を受けていたわけだ。だったら、まあアリか。

記憶や想像でははなく、眼の前にある人物や風景を独特の描写で描いたゴッホ。しかも、先人画家の模写をすることも多かったという話も残っている。こんなことはあり得ないけれど、もし仮にゴッホがこうしたアニメーションを観ていたとすれば、意外とアジャのようなタッチになっていたりして…。

Licensed material used with permission by Aja Trier, (Facebook), (Etsy)
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当の凄さを知らないのかもしれない。現在開催中の「北斎とジャポニスム」展...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
いくら世の中で名作と呼ばれていても、芸術作品というだけで“お堅いイメージ”がある。気難しい顔をした『ゴッホの自画像』、すました顔をした『真珠の耳飾りの少女...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...