着るなら今!?ゴッホの名画「ひまわり」プリントのスウェットや自画像シャツ

先週17日からフィンセント・ファン・ゴッホが描いた「ひまわり」などの絵画をプリントしたウェアをカジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」が展開している。

ホワイト地のボディ部分に名作『ひまわり』を大胆にプリントし、袖に"VAN GOGH"の文字を施したストリートな雰囲気のスウェットをはじめ、自画像を大胆にあしらったシャツやプリントTシャツなどがラインナップ。同アイテムは、アジアの店舗のみで販売される限定品だ。価格はどれも3990円(税込)。

7年ぶりの来日となる作品『糸杉』や晩年の名作『薔薇』の展示が話題となっている「上野の森美術館」で開催中の「ゴッホ展」をはじめ、来月には半生を描いた映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』が公開されるなど注目が高まる画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。

そんな“今が旬”のベルシュカのアイテム、どうぞお見逃しなく!

©Bershka
©Bershka
©Bershka
Top image: © Bershka
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
意外と知られていない、「シャツのボタン」のアレコレ。シルエットや縫製だけではない、新たなシャツ選びの基準。
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...