スウェットに「グレー」が多い理由

カジュアルファッションの代表的なアイテムとして男女問わず人気のスウェット。「スウェット=汗」という名の通り、運動着としてスタートしたその歴史は、時を経て、今ではストリートファッション、なかでもアメカジのコーディネートには欠かすことのできない存在となっています。

でも、クローゼットや街ゆく人をみて、こんなふうに感じたことはありませんか?

「スウェットって、グレーのものが多くない?」って。

じつは、そこには衣類や繊維の歴史、そして当時の人々の想いが込められているんです。

そもそも、保温性が必要とされる衣類にはウールをはじめとする動物の毛が使われていました。

その後、織り機の発達などによって植物素材であるコットン(綿)で温かな生地を編み上げられるようになり、それまでウール製だった衣類もコットンで作られるようになります。

コットンはウールよりも安価であり、大量生産ができたので、コットン製スウェットはウールのニットの代用品や廉価版として広く支持を得ることになったのです。

その際、格上であるウールの質感や色味をお手本にしたカラー......それが通称・杢(もく)グレーと呼ばれる、現在のスウェットの代表的なグレーの色味なのではないかといわれているんです。

これは、世界ではじめてスウェット素材を開発した某メーカーの社員から聞いた話ですが、スウェットのカラーがニットのイミテートだったかもしれないなんて、じつに興味深いストーリーですよね。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
アートユニット「MOTASWORKS」の個展「BOOTEMPORARY」が「JOURNAL STANDARD FURNITURE 神南店」で開催中。額装さ...
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
ハーフパンツに合わせたり、涼しい夜はガバッとTシャツの上に着たり。
カウチンセーターなどでよくみられる、オフホワイト、ベージュ、ダークブラウンなどの茶系の色味で模様が描かれたデザイン。そのデザインや色味が「染色」ではなく、...
海に沈めた酒が漁師の間でおいしいという話があり、実際に科学的な分析を実施したところ、まろやかさやうま味が増すことが判明。お酒は岩手の酒蔵「酔仙酒造」の吟醸...
東京・町田の「武相庵Cafe&Hostel」で味わえる「本気のクリームソーダ」は、一流のバーテンダーならではのセンスと技術が詰まった夢のような一杯。
古着屋さんで時々見かける、何十年前のものなのに生地がしっかりしているスウェット。いいですよね〜。〈THE〉のスウェットは、その現代版。1960年代に活躍し...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
アメカジアイテムの定番のデザインパターンである「ヒッコリーストライプ」の歴史とデザインについてご紹介。
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏が「うっかりさん」にオススメしたい「ガンジーセーター」の特徴とは?
フィンセント・ファン・ゴッホが描いた「ひまわり」などの絵画をプリントしたウェアをカジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」が発売中。価格はどれも3...
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。