ジーンズの「背中側のベルトループ」が真ん中にない理由

約150年前に誕生したワークウェアの代表格・ジーンズ。今ではじつに多くのブランドから様々なモデルがリリースされていますが、ビンテージとよばれるアイテムや古いモデルを参考にして作られたレプリカ品には、こんな共有点があるのを知っていますか?

「背中側のセンターにあるベルトループが、真ん中にない」

はいているときには目視できないパーツなので気づいていないかもしれませんが、じつはこれには深い(?)「理由」があるんです。

ジーンズをはじめとしたデニムアイテムは、もともとアメリカの鉱山で働く人たちの作業着でした。尖った岩や掘削用具に囲まれての作業でもっとも重要視されたポイント──それは、生地の丈夫さ

厚く、硬く、破れづらいデニム素材の作業着は、過酷な作業現場には欠かせない存在だったのです。

一方で、素材が極めてタフであることから、縫製は困難を極めました。

生地が何層にも重なる中央の部分は、当時の非力なミシンでは貫くことはできません。

そして編み出したソリューション......それが「仕方ない。生地の薄い箇所にベルトループを逃がして縫いつけよう」だったのです(笑)

長い歴史をもつアメリカのアイテムには、ほかにも様々なストーリーが存在します。

そんな観点からアメカジファッションに触れてみるのも楽しいですよ。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...