ジーンズの「背中側のベルトループ」が真ん中にない理由

約150年前に誕生したワークウェアの代表格・ジーンズ。今ではじつに多くのブランドから様々なモデルがリリースされていますが、ビンテージとよばれるアイテムや古いモデルを参考にして作られたレプリカ品には、こんな共有点があるのを知っていますか?

「背中側のセンターにあるベルトループが、真ん中にない」

はいているときには目視できないパーツなので気づいていないかもしれませんが、じつはこれには深い(?)「理由」があるんです。

ジーンズをはじめとしたデニムアイテムは、もともとアメリカの鉱山で働く人たちの作業着でした。尖った岩や掘削用具に囲まれての作業でもっとも重要視されたポイント──それは、生地の丈夫さ

厚く、硬く、破れづらいデニム素材の作業着は、過酷な作業現場には欠かせない存在だったのです。

一方で、素材が極めてタフであることから、縫製は困難を極めました。

生地が何層にも重なる中央の部分は、当時の非力なミシンでは貫くことはできません。

そして編み出したソリューション......それが「仕方ない。生地の薄い箇所にベルトループを逃がして縫いつけよう」だったのです(笑)

長い歴史をもつアメリカのアイテムには、ほかにも様々なストーリーが存在します。

そんな観点からアメカジファッションに触れてみるのも楽しいですよ。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
今もっとも注目を集めているといっても過言ではないカリスマ的ラッパー、トラヴィス・スコットが発売した新商品が話題に。発売されたアイテムは、コットン100%の...
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
キャッシュレス時代にぴったりな、スマートにカードを取り出せるスライド式ウォレットをご紹介。
滑らかにする、というより感度を高めて濡れやすくする。塗って少しすると、じんわり熱くなってくるんです。
東京・原宿のキャットストリートに10月9日オープンする「トミー ジーンズ キャットストリート店」は、トミー ジーンズ単独店としては初の路面店。オープンを記...
アメカジアイテムの定番のデザインパターンである「ヒッコリーストライプ」の歴史とデザインについてご紹介。
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
老舗ジーンズブランド「Levi’s」より、お手頃価格の設定が嬉しいセカンドライン「DENIZEN FROM LEVI’S」が日本に上陸。