「アメカジの古着屋」の「におい」が似ている理由

新品より価格が安く、着た瞬間に“こなれた感じ”を出せることから人気のユーズドアイテム。ときには想像もしていなかった掘り出し物に巡り会えたりもして、古着屋巡りはとても楽しいものです。

でも、古着......とくにアメリカンカジュアルのユーズドアイテムをメインに扱っている古着屋で、こんなふうに感じたことはありませんか?

「どこの古着屋も、同じような匂いがする」って。

それには、古着ならではの、そしてアメリカのアイテムを扱うショップならではの理由があるんです。

古着屋の匂いのもとと考えられる要素は、主に三つ

まず一つ目は、日本に持ち込まれるまえのクリーニングの際に使われる洗剤や柔軟剤の匂い。アメリカで販売・使用されている洗濯洗剤や柔軟剤は、日本のものよりも匂いが強く、輸入されてから洗いをかけなかった場合、その匂いが残っていることが考えられます。

次に、お店が発する匂い。これは、古着の独特な匂いを隠すために焚いたお香やアロマ、そしてディスプレイなどに使用されている鉄製のシェルフや木製の床などの匂いを指します。

そして、アメカジというジャンルならではの三つ目の理由が、店内で販売されていることの多いエアーフレッシュナーの匂い。エアーフレッシュナーとは、厚紙や布地に香りの成分を染み込ませたグッズで、主に自動車のルームミラーに吊るして使われます。

ご存知の通り、アメリカでは自動車がなければ日常の生活を送ることもままなりません。自動車への依存度が高いアメリカでは、車内を快適にしてくれるエアーフレッシュナーは必需品であり、様々な香りやデザイン、ブランドのものが販売されています。

アメカジのユーズドアイテムを扱う古着屋では、そんなアメリカならではのグッズを販売していることも多く、「エアーフレッシュナーの匂い=古着屋の匂い」という印象をもっている人も少なくないようです。

匂いからもお国柄やカルチャーに思いを巡らせることのできるアメカジの世界は本当に楽しいです。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
カウチンセーターなどでよくみられる、オフホワイト、ベージュ、ダークブラウンなどの茶系の色味で模様が描かれたデザイン。そのデザインや色味が「染色」ではなく、...
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
7⽉1⽇、着るクーラー「REON POCKET」が「ソニー株式会社」から発売された。
アメカジアイテムの定番のデザインパターンである「ヒッコリーストライプ」の歴史とデザインについてご紹介。
これまで幾度となく異業種コラボを展開してきた「パインアメ」(パインアメ株式会社)。今度は入浴剤メーカー「株式会社ヘルスビューティー」と、お風呂で楽しめる「...
H&Mは1月22日〜27日の期間限定ではありましたが、タクシー配車サービスLyftと連携して、ニューヨークで古着回収を行いました。
大阪・梅田に店舗を構える「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」が、古着をリメイクしたマスクカバーとマスクバッグをオンラインショップにて販売中。
ノマドな古着屋「weber(ウェーバー)」のポップアップイベント「Reading」が、12月14日〜17日に「ヒビヤ セントラルマーケット」で開催。
ラコステの古着を集めた新店「OLD meets NEW」が、9月13日(金)から9月25日(水)まで表参道にオープン。