「ペインターパンツ」のサイドに「バンド」がついている理由

TADAHIRO MOCHIZUKI/「BUDDY」店長

東京・渋谷の老舗アメカジショップ「THE BACKDROP」でバイイングやプレスを経て独立し、原宿に「BUDDY」をオープン。様々な人気ブランドや有名キャラクターとのコラボアイテムをリリースし、東京のアメリカンカジュアル業界を牽引している。

股上が深く、大きなポケットが特徴的なワークスタイルの定番アイテム、ペインターパンツ。タフなダック生地を使用したものからスタイリッシュなヒッコリーストライプの一本まで、じつに様々なバリエーションを誇る人気のアメカジアイテムですが、こんな疑問をもったことはありませんか?

「サイドのベルトって、なんのためにあるの?」って。

これには、意外と知られていない誤解意味が隠されているんです。

まず、多くの人がペインターパンツと呼ぶこのアイテムですが、正式には「ペインター=塗装工」ではなく「カーペンター」──大工のために開発された作業着です。

つまり、正式名称はカーペンターパンツ

そして、サイドに縫い付けられたバンドはハンマーループというパーツであり、文字通り、ハンマーのグリップ(柄)をループに通してパンツにぶら下げるためのギミックなのです。

一口にワークといっても、業種によって様々なディテールや工夫が込められたアメカジのワークアイテムは、知れば知るほどさらに興味が掻き立てられます。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
「どっちかだけ」の人も、「どっちも!」な人も。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
「BatBnB」はコウモリのために作られた宿泊施設。なんだか洒落た名前がついてはいますが、シンプルに言ってしまえばただの巣箱です(笑)。
最近、アメリカのメディアを中心にカルチャー化しつつある、「カジュアルセックス」という表現。“一夜限りの関係”とも"愛のないセックス”といった、負のイメージ...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...