パンツの「左のヒップポケット」にだけボタンがついている理由

スーツのパンツやベーシックなデザインのワークパンツなどの「お尻のポケット=ヒップポケット」を思い浮かべてください。

左のポケットの入り口にだけフラップ(フタ)やボタンが配されているイメージはありませんか?

「ただのデザイン上のアクセントでしょ?」なんて思ったら大間違い。そこには、深い歴史と意味が隠されているんです──。

「ヒップポケット」には、もうひとつの呼び名があります。

その名も「ピスポケット」。「ピス」とは「ピストル(Pistol)」の短縮形であり、そもそもパンツのお尻のポケットは「ピストルを収めるためのポケット」だったのです。

不穏な空気を感じたら、相手よりも速く銃を抜き、撃つ。

そんな“やるか、やられるか”のシーンで遅れを取らないために、多くの人の利き腕がある右側のポケットにはフラップやボタンを設けなかったといわれているんです。

では、なぜ左のポケットにはボタンがついているのか......。

ここからは個人的な推測ですが、当時の拳銃は「リボルバー」と呼ばれる装弾数の少ないモデルだったことが予想されることから、弾切れに備えて銃弾を収めていたのではないかと考えています。

ちょっと物騒な理由ではありますが、現代では「スマホはボタンつきのポケットのほうが安心」なんて重宝がられていることを考えると、ものの意味や価値は時代とともに変化するものだということを実感させられます。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...