パンツの「左のヒップポケット」にだけボタンがついている理由

スーツのパンツやベーシックなデザインのワークパンツなどの「お尻のポケット=ヒップポケット」を思い浮かべてください。

左のポケットの入り口にだけフラップ(フタ)やボタンが配されているイメージはありませんか?

「ただのデザイン上のアクセントでしょ?」なんて思ったら大間違い。そこには、深い歴史と意味が隠されているんです──。

「ヒップポケット」には、もうひとつの呼び名があります。

その名も「ピスポケット」。「ピス」とは「ピストル(Pistol)」の短縮形であり、そもそもパンツのお尻のポケットは「ピストルを収めるためのポケット」だったのです。

不穏な空気を感じたら、相手よりも速く銃を抜き、撃つ。

そんな“やるか、やられるか”のシーンで遅れを取らないために、多くの人の利き腕がある右側のポケットにはフラップやボタンを設けなかったといわれているんです。

では、なぜ左のポケットにはボタンがついているのか......。

ここからは個人的な推測ですが、当時の拳銃は「リボルバー」と呼ばれる装弾数の少ないモデルだったことが予想されることから、弾切れに備えて銃弾を収めていたのではないかと考えています。

ちょっと物騒な理由ではありますが、現代では「スマホはボタンつきのポケットのほうが安心」なんて重宝がられていることを考えると、ものの意味や価値は時代とともに変化するものだということを実感させられます。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
「カーハート」「KAVU」「ヘリコンテックス」「クリフワークウェア」、心置きなく外遊びを満喫できる「丈夫さ」に特化したパンツを4つピックアップしました。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?