ジーンズに「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」がある理由

ワークウエアとしてその歴史をスタートさせ、今ではカジュアルファッションの代表的なアイコンとなったデニム素材のパンツ──ジーンズ

編み上げやフックを使用したものなど、ごく稀(まれ)にデザイン性重視のものはありながらも、フロントの開閉部分(フライ)は大きくふたつのタイプに分けられます。

スライドファスナーを用いたジップフライと、ボタンとホールによって構成されているボタンフライです。

「シンプルな構造のボタンフライのほうが古くて、ジッパーは新しい技術のはずだから、それって歴史の違いでしょ?」

たしかに、それも間違いではありません。

でも、ジップフライとボタンフライの使い分けには、ほかにも大きな理由があるんです。

先にもお伝えした通り、ジーンズはそもそもアメリカの鉱山労働者のために開発されたワークウエア=作業着です。スコップやショベル、ハンマーといった作業工具を扱うためには、手を保護するための厚手のグローブを着用する必要があります。

......さて、硬くゴワついたグローブをはめた手でジーンズのフライの開け閉めをするのに、ジップとボタン、どちらが便利だと思いますか?

そうです、ジップの小さな金具(引き手)をつまむよりも、大きなボタンを大きなボタンホールに通すだけのボタンフライ方式のほうが圧倒的にスムーズでスピーディーな開閉が可能なんです。

そんな理由から、現在でもタフな現場で働く作業員たちのなかには、ボタンフライのジーンズの熱狂的なファンも多いのだとか。

形態は機能に従う」──。

モダンデザインの基礎とされるそんな言葉を体現しているのが、ジーンズのボタンフライなんです。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
今年で40周年を迎えるアイスキャンディー「ガリガリ君」の新味「ガリガリ君ジンジャーエール」と「ガリガリ君レモンスカッシュ」が今月19日(火)から全国発売。
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
ミシュランガイドに掲載され続けているピッツェリアの有名店「PST六本木」が、冷凍ピザの宅配をスタート。
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
家に眠るジーンズをエプロンにアップサイクルしてくれるプロジェクト「デニム再生物語 DENIM REMAKE」が「Makuake」に登場。長年愛用したジーン...
「ザ・ウイスキー・スタジオ」は、ウイスキーに興味のある人や初心者などがウイスキーの楽しさを体感できる定額制サブスクリプションサービス。自宅に毎月テーマに合...
先日お伝えした「グッチ」と「ザ・ノース・フェイス」によるコラボレーションコレクションの一部が「ポケモンGO」にも登場するらしい。実際のコレクションと同じデ...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
アメリカの老舗ブランドから、アメカジで定番のハーディング柄マスクが登場。
東京・原宿のキャットストリートに10月9日オープンする「トミー ジーンズ キャットストリート店」は、トミー ジーンズ単独店としては初の路面店。オープンを記...
ジーンズブランド「リーバイス」が、中古ジーンズのみを販売するオンラインストア「セカンドハンド」を開設。リアル店舗で客から回収したジーンズを販売する仕組みに...
意外と知られていない、「シャツのボタン」のアレコレ。シルエットや縫製だけではない、新たなシャツ選びの基準。
いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。