世界初(?)の高機能素材「ロクヨンクロス」とは?

意味や理由、歴史を知れば、ファッションは今よりもっと楽しめる──。誰かに話したくなる、ファッションやアイテムのあんなこと、こんなこと。

かつてのアウトドアでは、ゴム引きやオイル引きのコートを雨具に使うのが一般的。当然ながら、非常に重く、汗をかけば内部がムレてしまうため、決して使い勝手のいいものではありませんでした。

アメリカにアウトドアブームがやってきた60年代、その状況を一変させたのが「SIERRA DESIGNS(シエラデザインズ)のマウンテンパーカ、通称「ロクヨンマンパ」です。

ゴム引きのように重くなく、オイル引きのようにベタつかず、雨の侵入を防ぎつつも普通のウエアと同じ感覚で着られるとあって、アメリカだけでなく日本でも大ブームを巻き起こします。

その使い勝手のよさの秘密が、横糸に太いコットン糸を用い、縦糸にナイロン糸を用いて強く打ち込んで織り上げた生地。

雨によってコットンが濡れると糸が膨張して織り目が詰まって撥水性を獲得するという仕組みで、ナイロンよりも通気性に優れつつコットンよりも磨耗に強いとされる画期的な素材でした。

コットンとナイロンの比率が60:40だったことから「60/40(ロクヨン)クロス」と呼ばれ、その独特の風合いから今でも根強いファンのいる生地です。

ただし、当時としては最新の高機能素材ですが、今となってはクラシックな生地。ある程度の撥水性があるとはいえ、雨に降られ続けていると小1時間もすれば内部まで雨が染みてきますので、アウトドアで着用する際にはご注意を。

島倉弘光/「MAINE」企画担当

1988年創業の老舗インポートセレクトショップ「MAINE」に学生時代からアルバイトとして勤務。現在はバイヤーを務めるかたわら、オリジナルブランド「CAMCO」や「BAGGY」の企画を担当している。

【「MAINE」ホームページ】https://www.maine1988.com/

Top image: © 2019 NEW STANDARD
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
「SHITOI」は、畳表をインソールに用いたサンダル。こだわりはその素材で、シェア率の高い「い草」ではなく高級素材の「七島イ(しちとうい)」を使用。履き心...
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
パタゴニアがすべての防水性アウターウェアにリサイクル素材を使用することを発表。
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...
アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」が開発を進める、新製品のアウタージャケットに、いま世界のアパレル業界が注視してい...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...