「スウェット」の首元に「V字の切り替え」がある理由

誰もが一着はもっているであろうファッションアイテム、スウェット。プリントの有無やサイジングでいろいろなスタイルを楽しめるスウェットは、年齢や性別、シーズンを問わず重宝するデイリーウエアですが、こんな疑問を感じたことはありませんか?

「この首元のV字、なんのためにあるの?」って。

じつはそのV字の切り替えには、ちゃんとした名称も役目もあるんです。

ボディの首元を三角形にカットして別の生地を縫い合わせたはめ込み、三角形の生地をスウェット地に重ねて縫い付けた貼り付け、立体的な縫い目でV字を描いたものなど、いくつかのタイプが存在するこの部位の名称は「Vガゼット」

前面にのみ配されているパターンを「前V」、背中側にも施されているものを「両V」と呼び、伸びやすい首まわりの生地を補強する役割があるとされています。

しかし「Vガゼット」には、もうひとつ重要な役目が......。

その重要な役目とは──汗止め

「えっ? こんなので、汗、止まる?」って思った人、いますよね?

......結論からいうと「Vガゼット」があるからといって首から上の汗が下に流れないなんてことはありません(笑)

でも、化学繊維も高機能素材もない時代には、気休め程度に思えるこんなギミックでさえ大発見だったに違いありません。

今ではデザインの一部でしかないこんな小さなパーツから、当時の人の創意工夫のカケラを見つけられるのもファッションの楽しみ方のひとつなんです。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
半永久的に使えるハイエンドボトル「比類なき水筒」が、応援購入サービス「Makuake」で9月29日まで販売中。
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
ハーフパンツに合わせたり、涼しい夜はガバッとTシャツの上に着たり。
「Think Lab HOME」は、3分で作れる自分専用の書斎。パーツを組み立てれば、お家のどこだって書斎に早変わり!
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となっていた「フォションホテル京都」の開業日が、来年3月に決まった。
秋冬の防寒着の代表格である「セーター」は、着続けていると首元が伸びてだらしなくなりがち。プレゼント選びにも役立つ「首元が伸びにくいセーターの見分け方」をレ...
カウチンセーターなどでよくみられる、オフホワイト、ベージュ、ダークブラウンなどの茶系の色味で模様が描かれたデザイン。そのデザインや色味が「染色」ではなく、...
アメカジアイテムやスポーツウェアによくみる「ラグランスリーブ」の起源は「ナポレオン」の時代までさかのぼる?! 悲しくもたくましい物語!
アメカジアイテムの定番のデザインパターンである「ヒッコリーストライプ」の歴史とデザインについてご紹介。
「KLMオランダ航空」が、デルフト工科大学と開発を進めている旅客機「Flying-V」。特に注目して欲しいのは翼の部分。ここに座席が設置される予定なんです。
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。