古い時代の「スウェット」の「リブ」の幅が広い理由

オン・オフ問わず、さっと袖を通すだけでカジュアルなアメカジスタイルが完成するスウェット。新品だけでなく、ユーズドのちょっとヨレた感じも捨てがたい人気のアイテムですが、ふと不思議に感じたことはありませんか?

「袖(そで)や裾(すそ)のリブ、長すぎない?」って。

これには、長い歴史をもつアイテムだからこその“理由”があるんです。

今ではカジュアルウェアとして人気のスウェットですが、アイテム名である「スウェット=汗」が示す通り、そもそもは運動着として開発・利用されていました。

伸縮性が高く丈夫な化学繊維が開発される以前、洋服の素材は綿がメイン。

綿は伸び縮みしづらい素材なので、伸縮性をもたせるためには特殊な編み方をしたうえで薄くする必要があったのですが、ある程度の面積や幅をもたせないと、その伸縮性はすぐに失われてしまいました。

そこで誕生したのが、幅10センチにも及ぶ長いリブだったのです──。

現在、生産・販売されている幅の広いリブのスウェットは、古いアイテムの作りを参考にしたレプリカですが、当時、運動着としての機能を高めるために苦心の末に生み出されたデザインが、今ではファッション的なディテールとして生き続けているって、なんだか素敵です。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
ハーフパンツに合わせたり、涼しい夜はガバッとTシャツの上に着たり。
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
「パスポートランキング2021」最新版発表。アジア太平洋地域の強さと英米のランキング低迷が如実に。気になる日本の順位は?
アメリカの老舗ブランドから、アメカジで定番のハーディング柄マスクが登場。
カウチンセーターなどでよくみられる、オフホワイト、ベージュ、ダークブラウンなどの茶系の色味で模様が描かれたデザイン。そのデザインや色味が「染色」ではなく、...
アメカジアイテムやスポーツウェアによくみる「ラグランスリーブ」の起源は「ナポレオン」の時代までさかのぼる?! 悲しくもたくましい物語!
アメカジアイテムの定番のデザインパターンである「ヒッコリーストライプ」の歴史とデザインについてご紹介。
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
古着屋さんで時々見かける、何十年前のものなのに生地がしっかりしているスウェット。いいですよね〜。〈THE〉のスウェットは、その現代版。1960年代に活躍し...