エプロンポケットが変化する「サコッシュ&パンツ」

ボーダーレス、ジェンダーレス……と、なにかとカテゴリや区分けの概念が取り払われる昨今だから?そんな訳ではないかもしれませんが、バッグとウエアの境界も曖昧になるアイテムが現れています。

フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。よ〜くみてください、単なる取って付けたようなモノ入れではありません。

コレ、取り外すとサコッシュに変身!コーディネートや、その時々の気分によって使い分けできます。楽ちんに行動できる“手ぶら”が心情でも、小物がついつい多くなりがちという人にとっては、かなり重宝。

さらに……寒暖差のある今のシーズンにはお役立ち。ひざ下を切り離せば、ショートパンツに。気候に合わせて、フレキシブルな着こなしができます。

オールシーズン使えるので、普段から「ちょっとだけ小物が多い」なら“買い”ですね。

Top image: © BEAVER 渋谷
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
パンツの「左のポケット」にだけフタやボタンがついている理由に驚き! きっと誰もが一本はもっているパンツの「ヒップポケット」に隠された意味とは?!
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
〈iTTi(イッチ)〉の「REMY SACOCHE」。外ポケットもなくシンプルです。カタチとしては普通のサコッシュなんですが、フランスの老舗タンナーによる...
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
大人気の〈山と道〉のサコッシュ。アウトドア、タウンユース、さらには仕事の打ち合わせまでをカバー。調節簡単なストラップとしっかりマチのあるデザインが強みです。
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
埼玉発ハンドメイドのバッグブランド〈ripa(リーパ)〉のサコッシュは、「痒いところに手が届く」っていうのが、最大のポイントだと思います。
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!